ストラトのピックガードの製作01

8月30日の記事

「Gotoh Pickups ST-Custom」

ピックアップを交換した時に

このギター、自分で作ったアクリル板のピックガードが割れていて

作り直そうと計画中!

と、書いている

自分で作ったアクリル板のピックガード

思い切り変色しているし

ところどころ割れている

上のピックガードは1mmのアクリル板を自分で成形したものだが

1mmというのが薄すぎるのだろう

今回は穴の空いていない、外形のみ成形されたピックガードを買ってきた

外形のみ成形されたピックガード

実はネットで拾ってきた写真

アキバ千石2Fで2千円を少し下回る価格=安い

2mm以上厚みがあってしっかりしている

厚みを比べてみる

上:買ってきた新しいピックガード
中:このギターを買った時についていた元のピックガード
下:以前に自作した1mm厚のアクリル製

この厚みの違いは大丈夫だろうか?

22フレットまであるこのギター

ネックの指板の下にピックガードが差し込まれている部分があるのだが

不具合が出ないように祈ろう!

いやいや、引っかかる場合は削ってみせるぜ!

ピックアップ位置

9月9日に「仮想フレット」という超マニアックな記事を書いている

そんなことも考慮しながらピックアップの位置を慎重に決める

サウンドをチェックしながらピックアップを微妙に動かして

ベストなポイントを探す

ピックアップ位置決定

さあ、穴あけ作業に進むことになるが

2mm以上の厚みがあるからたいへんかなあ??

ふふふ

ホントは楽しいくせにい

 

鶏とかぼちゃの蒸し物02

鶏とかぼちゃの蒸し物

昨年5月に記事にしている

今年のかぼちゃはすごく甘くて美味しいので

砂糖なしでやってみる

作り方

鶏もも肉は筋を切るように細かく切った

豆板醤 小0.5
甜麺醤 小1
しょうゆ 小1〜2
紹興酒 大1
五香粉 小0.1
片栗粉 小1?

全てを合わせて混ぜ、少量の水で固さを調整

かぼちゃは5mm厚さの一口大に切った

器にかぼちゃを敷いて鶏肉を広げてのせ、蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で12~13分蒸す

出来上がり

うわー、甘〜い

前回と違って、砂糖を加えてないが

かえって甘い気がする

ニンニクもショウガもごまも加えていないので

ストレートにかぼちゃの旨さ、甘さを感じる

うんまーーい

蒸し物、美味しいのでやってみて!

 

アサヒ生ビール

5月に限定発売された

「Asahi100年のこだわり」と同じものであるが

10月に完全予約受注制で発売されたコレ!は

「アサヒ生ビール」という名前であるらしい

パッケージも同じなのだが、オフィシャルサイトに、そう記載されている

アサヒ生ビール

『アサヒ生ビール』は、当社の前身となる大阪麦酒社が1900年に発売した商品をルーツとするピルスナータイプの生ビールです。

「マルエフ」の愛称で親しまれ、深みのあるコクと爽やかなキレをお楽しみいただける樽詰ビールとして、業務用市場を中心に発売しています。

原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
アルコール分(度数):4.5%

レポ

すごく軽い=たいへん飲みやすいビール

美味い「生ビール」という表現がぴったり

グイグイいけるぜ

豚コマたっぷりのもやし炒め

黒豆もやし(ブラックマッペ)は新鮮なものを購入し、

必ず水にさらす

ニンニク、ショウガ、長ネギのみじん切りと少量の豆板醤を炒めて香りを出し

そこに豚肉のコマ切れを加えて塩コショウ、さらに炒めてオイスターソースで濃いめに味付ける

豚肉を一旦取り出して、そのフライパンでもやしを炒める

少しだけオイスターソースで味付けるが、ごく薄味にしておく

もやしはなるべく弱火で炒めること

シャキシャキ感を残したもやしを皿に移し、取り出してあった豚肉をフライパンに戻して炒め直す

ほんのちょっぴり五香粉を振り、最後に胡麻油で風味をつけた

もやしの上に豚肉を乗せて

出来上がり

ちょっと濃いめの豚肉と

薄味シャキシャキのもやし

アサヒ生ビールをグビリ!

プハーーーっ!

 

鯛のかぶと煮

鯛の頭は固くて、味がしみていかないので

ちょっと濃いめの煮汁にして

煮汁をソースのように絡めて食べる

砂糖も加えてちょっと甘めに煮付けるので

ちょっと例外的な煮物と位置付けている

鯛のかぶと煮

鯛のうろこは固くて、

残っていると食べるときにめっちゃイライラするので

丁寧に取り除く

塩水の中で、内臓やら血合いなどもきれいに取り除く

鍋に湯を沸かして鯛を入れ、沸騰しない状態で1分ほど

胸ビレがピンと張ってきたら水に取り

水の中でさらにうろこや汚れを落とす

備忘録として

水:200cc
酒:400cc
醤油:100cc
みりん:100cc
砂糖:30g

鍋に調味料を入れて

鯛、長ネギ、スライスしたショウガを入れて

キッチンシートで落としぶたをして15分ほど煮た

鍋のまま放置しておくと、味が入る気がする

なので、できたてより、ちょっと冷めた方が好きだ

出来上がり

ネギは隠し包丁しておくこと

ごっつい美味い

もし、味が薄いと感じた場合は

具材を取り出して、煮汁だけを少し煮詰めると良い

ごぼうがあったらよかったなあ

あと、椎茸なんかも良さそう

鯛の目玉の部分とか、すごく好きなんだ

あと、目の下の部分

煮汁をつけながらいただく

ご飯でもお酒でも

たまらんぜよお

 

「超整理手帳」バーディカルの製作

私は長年、「超」整理手帳(ちょうせいりてちょう)というスケジュール帳を使っている

2015年の記事はこちら

2017年度から「バーディカルタイプ」という縦型を使い始めた

これが、どハマり!

カレンダーも月曜始まりにすると

手帳とカレンダーが完全に一致する

来年度もその「超」整理手帳バーディカルタイプにしよう!

と、ネットを探すも見つからず

(昨年もちょっとした苦労をして買ったんだよなあ)

やっとこさ、製作元の問い合わせメールアドレスを探し当て、

問い合わせると・・・

〇〇ストアは種々の事情により閉店いたしました。

そのため、〇〇から発行しておりましたリフィル(バーティカル)は生産中止となりました。
2019年度は××版のスタンダードベーシックサイズのみとなっております。

長い間、ご愛顧いただき誠にありがとうございました。

・・・エエーーーーっ!

どうしよう??

カレンダーをうまく印刷して

手帳に挟み込むも・・・

ダメだ

どうしよう

手書きでもいいのかな??

作ってみようか・・・

熟考・・

・・・

・・・・

・・・・・

よし、作ろう

「超整理手帳」バーディカルの製作

今使っているリフィルを真似て・・

いろんな方法で試す

A4用紙3枚を糊付けすることで完成を目指す

試作中

A&B面で使えないといけないので

印刷を合わせるのが大変難しい

悪戦苦闘して

試作品完成

5時間くらいかけて

やっと試作品完成

細かい修正やら

いろいろ工夫して・・・

買ってきた良さげの紙に印刷

一応完成

カレンダーと完全に一致

大成功!なのだよ

ほっほっほ

 

染み抜き03

またシャツの袖口にシミがついた

左の袖口

前回とほぼ同じ部分

ちょうど腕時計をつけているところなのだが

時計から何か出ているのか?

汚ねー

前回予告したように

買ってきた

セスキ炭酸ソーダ

100均商品

セスキ炭酸ソーダに酸素系漂白剤を加え

さらに食器洗い洗剤をちょっぴり加えて

歯ブラシでトントンする

トドメに

ちょっぴり酢!

ジョワっと泡が出て、面白い

出来上がり

ついでに前回のシャツも、もう一度

ちょこっと汚れが残ってるので

トントン

ジュワン

めっちゃ頑固だ

ほんの少し、残っているけど・・・

ここまで落ちればいいでしょう

備忘録

腕時計を掃除した方がいいのかもしれない

 

ブロッコリーの餃子

これは是非やってみて欲しい

美味しくてびっくりした

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

中華の石川先生の、

先月放送されたばかりの新しいレシピ

ブロッコリーの餃子

レシピはオフィシャルサイトのまま

1. ブロッコリーは小房に分け、軸は皮をむいて粗く切り、軸、小房の順にフードプロセッサーにかける。

2, 1に豚ひき肉、おろしにんにく、塩、こしょう、しょうゆ、マヨネーズ、七味唐辛子を加えて攪拌して取り出し、

ギョウザの皮にあんをのせ、皮の周囲に水をつけて包む。

3, フライパンに油を引き、ギョウザを並べて中火にかけ、

ギョウザの高さの1/3まで熱湯を加え、蓋をして2~3分蒸し焼きにする。

4. たれの酢、しょうゆ、ラー油を合わせる。

5.  3の蓋を取り、油小さじ2を加えて更に強火で2分ほど焼く。

ギョウザの底がカリッとなれば、皿をかぶせてフライパンをひっくり返して盛り、4を添える。

2人分
ブロッコリー 200g
豚ひき肉 130g
おろしにんにく 小さじ1
ギョウザの皮 24枚
油 適量

☆あんの味つけ
塩 小さじ1/4
こしょう 適量
しょうゆ 小さじ2
マヨネーズ 大さじ2
七味唐辛子  ふたつまみ

☆たれ
酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
ラー油 適量

出来上がり

皮パリで中ジューシー!

すごく美味い!

石川先生のレシピ!抜群!

ブロッコリーの軸の部分が食べられることは知っていたが

フープロで粉砕したのは初めてだ

こんなにしっとりするとは想像できなかった

かぶりつくと、中からジュースがほとばしる

うんまーい

これはビールだ!

サッポロクラシックで決めよう!

備忘録

ニンニクは入れすぎないこと

フライパンに加える熱湯も入れすぎないこと

でも、美味いよ、これ!

蛇足ながら

餃子は作り置きができません

餡の作り置きはできるから

包んだらすぐに焼く!

で、よろしく!

 

 

おしゃべりクッキング日本一の絶品おかず

あっという間に11月になった

11月って「キュン」とするよな

ああ、寒いな、」と思っても「キュン」とするし

金木犀の香りも「キュン」とする

プールに行った帰り道に金木犀が香っていて

「キュン」とした

本屋に寄ったら

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの

人気レシピベスト100という本が出ていて

迷わず購入

日本一の絶品おかず

上沼さんのベスト3も載ってる

人気の高かったレシピって?

中身を読んでみると、毎月発売されているレシピ本

「読者はがき」のアンケートで特に人気が高かったものを集めたらしい

なるほど!です。

どれも美味そうなものばかり

料理本って見ているだけで楽しくなってくるから

いいよね

 

カルボナーラ

麺食いなのだ!

うどんもそばも、パスタも大好き

いろんな麺料理

いろんなパスタを記事にしたけど

あれれ?

カルボナーラを忘れていた

カルボナーラ

元々はローマの料理であるという

パスタにはスパゲッティを使用したものが一般的で、

これをスパゲッティ・アッラ・カルボナーラ(Spaghetti alla carbonara)という

生クリームを使うレシピは、もともと卵が固まるのを防ぐためのレストランの方法で、本来は入らない

本場ローマでは卵の凝固を防ぐために、グアンチャーレを炒めた際に出る油を事前に卵液へ加え、

パスタ投入後はパスタの茹で汁を加えながら素早く和えるという手法が取られる。

〜私の作り方〜

このやり方だと確実に上手にできる

フライパンでベーコンをゆっくりと炒める

十分に油を出し

多すぎると感じたらちょっと拭き取る

少なすぎたらオリーブ油を足す

茹で上がったパスタをフライパンに投入するが

その前にマヨネーズを小さじ半分くらい加えておくと

すごくうまく乳化が進む(内緒だよ)

パルメザンチーズをうわっと加え

茹で汁を少し加えて固さを調整する(入れすぎないこと)

ここからがちょっとアイデア

今まで麺を茹でていた湯の入った鍋にステンレスのボールを乗せ

その中に麺を入れて卵黄のみ1個を加え

しっかり絡めて・・

(この方法だと卵がしっかり麺に絡んで、且つ固まらず、それでいて熱々のまま)

昆布茶で味を整える

皿に移して、最後に粗挽き胡椒

アディショナルでパルメザンチーズを少し

出来上がり

卵とろっとろの

カルボナーラ

まっちがいない!

 

ミュージシャン・かつらけいのすけ・のホームページ