「もつ」タグアーカイブ

牛もつ煮込み03

またまた牛のもつ煮込みを作った

作り方

今回は下処理していない、「焼き肉用の牛もつ」で作ってみることにした

ネギの青い部分とショウガの皮、酒を加えた熱湯で下茹でした後、無駄な脂を丁寧に取り除いた

骨付きの部位も含まれていて、期待してしまう

別々に下茹でした大根とこんにゃく、人参、水にさらしたごぼうを加えて先ずは水だけで30分程煮て

途中でクシ切りのタマネギ、ショウガを細く刻んで加えた

その後味付け

砂糖・大1.5くらい
酒・醤油・みりん・
各大3〜4くらい
味噌
を味を見ながら加えた

前回同様、茅乃舎の野菜出汁を1袋、パックを破って加えた

今回も麺つゆを少し加えた

最後に木綿豆腐を加えて、

出来上がり

IMG_3214

ビールや焼酎を呑み過ぎてしまいます

でもね、やっぱり今回のもつは焼き肉用の部位なんだろうなあ、と感じた

味は充分に美味いのだが、食感が前回の方が煮込みとしては良かった気がする

次回は迷わず煮込み用のもつを買おう

牛の部位も勉強しないといけないのか?

たいへんだ

 

牛もつ煮込みのカレー

昨日の牛もつ煮込み

冷蔵庫で寝かしておいたものに・・

カレー粉を加えて

IMG_2887

インド感たっぷりであるが、インドにカレー粉は存在せず

カレー粉は日本の文化

IMG_2888

これは京都の「甘利」というメーカーのもの

安価であるが、問題なく美味い

S&Bよりターメリックなどの香りが強く、また辛い!

昨日の牛もつ煮込みにカレー粉を加えてレンジでチン!

IMG_2882

ご飯にかけてミニカレーにしたよ

うわあ、辛い!美味い!

福神漬けとの相性も抜群!

カレーの中にこんにゃくがあってもいいぢゃないか!(岡本太郎風にお願いします)

 

牛もつ煮込み02

やっぱり豚のモツより牛のモツの方が美味い気がする

値段のプラシーボ効果も少しはあるかも知れないが

作り方

前回とほぼ同じ

「牛もつミックス」という商品をハナマサで購入(下処理済みのもの)

ネギの青い部分とショウガの皮、酒を加えた熱湯で下茹でした後、無駄な脂を丁寧に取り除いた

別々に下茹でした大根とこんにゃく、人参、水にさらしたごぼうを加えて先ずは水だけで30分程煮て

途中でクシ切りのタマネギ、ショウガを細く刻んで加えた

その後味付け

砂糖・大1.5くらい
酒・醤油・みりん・
各大3〜4くらい
味噌
を味を見ながら加えた

今回は茅乃舎の野菜出汁を1袋、パックを破って加えた

今回は麺つゆも加えてみた=正解!

最後に木綿豆腐を加えて、

出来上がり

IMG_2870

ビールもいいし、焼酎もいいぞお

ちょっと七味を振って・・・

呑み過ぎるなあ

 

もつ煮込み02

豚のモツ煮込みを再び!

前回は圧力鍋を使ったが

その次の牛モツ煮込みの普通の鍋の方が美味く感じたので

豚で再挑戦

作り方

生の白モツをハナマサで購入

前回と違い、湯がいていない生なので

良く洗った後、水から煮て2度茹で溢した(各10分程度)

その後、無駄な脂を丁寧に取り除いた

別々に下茹でした大根とこんにゃく、人参、水にさらしたごぼう(ニンニク、ショウガも1片)を加えて先ずは水だけで20分程煮て

茅乃舎のあご出汁パックを1袋、野菜だしパックを1袋、袋を破って加えた

思い切って野菜だし(洋風)を加えてみたが、大正解!

その後味付け

砂糖・大1.5くらい
酒・醤油・みりん・
各大2〜3くらい
味噌
を味を見ながら加えた

出来上がり

IMG_2818

 生の白モツで作ったからか

圧力釜ぢゃなく、普通の鍋でコトコト煮たからか

野菜だしのパックが良かったのか

うんまいぞう

個人的には「○時間煮たから美味しい」とか「○日間寝かしたから美味しい」などという話は無視することにしているが

これはもうちょっと煮てもうちょっと寝かしたらますます美味くなるだろう

明日が楽しみだ

 

牛もつ煮込み

2月に豚のもつ煮込みを作って、すごく美味かったので

今度は牛もつで作った

「牛もつミックス」という商品をハナマサで購入

800円以上したが、思い切ったぞ!(大げさ)

作り方

前回と違い、今日は圧力釜を利用しなかった

結論的には、時間はかかるが、普通の鍋で作った方が美味い気がする

もつの部位によっては脂がびっしり付いているものがある

そういうものはこそげとっておくとあっさり仕上げられる

ネギの青い部分とショウガの皮、少量の酒を加えた熱湯でさっと下茹でした後、無駄な脂を丁寧に取り除いた

別々に下茹でした大根とこんにゃく、人参、水にさらしたごぼう(ニンニク、ショウガも1片)を加えて先ずは水だけで30分程煮て

その後味付け

砂糖・大1.5くらい
酒・醤油・みりん・
各大2〜3くらい
味噌
を味を見ながら水に溶いて加えた

出汁は茅乃舎の出汁パックを2袋、パックを破って加えた

最後に木綿豆腐を加えて、

出来上がり

IMG_2577

高かった!というプラシーボ効果?もあるかも知れないが

豚より牛の方が美味い!

初めは「砂糖を入れ過ぎたか?」と心配したが、出来上がったらすごく美味い

特にこんにゃくがめっちゃ美味い

ちゃんと隠し包丁入れましたから、よーく味がしゅんでおります

これは焼酎ですな!

 

もつ煮込み

うわあ

こんなモノ?にまで手を出してしまった

もつ煮込み

もつ煮込みには、牛、豚、鶏、その他、いろいろのパターンがあると思う

複数の動物の内蔵を煮込むやり方もあるようだ

今回は豚の「白もつ」と「ガツ」で作ってみた

「白もつ」は腸、「ガツ」は胃であるらしい

スーパーで美味そうに見えたので買ってしまったのだった

作り方

圧力釜を利用した

白もつによっては脂がびっしり付いているものがある

そういうものはこそげとっておくとあっさり仕上げられる

先ず内蔵を水で下茹でした

ネギの青い部分とショウガの皮、少量の酒を加えた

圧力鍋で圧がかかってから5分加熱、その後10分放置して茹でこぼし、水で洗った

大根、人参、水にさらしたごぼう、下茹でしたこんにゃくを加えて

酒・醤油・みりん・各大2〜3くらい
味噌・砂糖・大1くらい
を味を見ながら水に溶いて加えた

出汁は茅乃舎の出汁パックを1袋、パックを破って加えた

生姜みじん切りも

圧力鍋で圧がかかってから5分加熱、その後放置

フタをあけて、木綿豆腐を加えて、

味を見たら少し薄かったので、醤油、味噌を増量し、少し煮詰めた

出来上がり

IMG_2213

薄味だし、脂っこくなくてあっさりしてるからばくばくいける

ごくごく呑んでしまうなあ

そしてエビを眺めながら

ミナミちゃん

ちっちゃいのが元気に飛び回ってる

IMG_2226

ビーちゃんはいつもここにいる

IMG_2170

ビールでも焼酎でもいくらでも呑めるぜい