「もやし」タグアーカイブ

豚コマのもやし炒め

野菜が高騰している

そんな時に助けてくれるのが「もやし」だな

安い値段で売られているので、軽視しがちな食品であるが、うまく調理すると大変美味い

もやしの種類

もやしの種類は、原材料の豆によって異なる

もやし=スプラウトとするならば、貝割れ大根や、ブロッコリーなども含まれるが

本日は、いわゆる「もやし」ということに論じるなら

主な豆は、緑豆、ブラックマッペ、子大豆、大豆の4種類ということになる

緑豆もやし=「青小豆」とも呼ばれているもので、一番多く売っている

軸は太めでシャキシャキとみずみずしい食感

黒豆もやし=「ブラックマッペ」という黒い豆が原料で細めの軸で豆の甘みが感じられるのが特徴

ブラックマッペの方がほんの少し高価で、売っているスーパーも限られる印象

両方あれば私は「ブラックマッペ」を選ぶ

大豆もやしについてはまた機会を見て・・・

新鮮なものを水にさらす

必ず新鮮なものを購入し、その日のうちに調理すること

必ず水にさらすこと、少なくとも水洗いをすること

しばらく流水にさらしたいくらい

袋から出してそのまま調理?などということは言語道断

本日の作り方

ニンニク、ショウガ、長ネギのみじん切りと少量の豆板醤を炒めて香りを出し

そこに豚肉のコマ切れを加えて塩コショウ、さらに炒めてオイスターソースで味付ける

ひき肉でもいいけど、ゴロゴロしてる方が美味いと思う

豚肉を一旦取り出して、そのフライパンでもやしを手早く炒める

ほんの少しの塩とオイスターソースで調味

ロジカルクッキングの水島弘史氏によると「もやし炒めは弱火で作ると冷めてもシャキシャキ」とのこと

厳守すべし

シャキシャキ感を残したもやしを皿に移し、取り出してあった豚肉をフライパンに戻して炒め直す

最後に胡麻油で風味をつけるも良し

さらに中華っぽくしたいなら、五香粉を加えれるも良し

みりんで照りとコクを加えるも良し

出来上がり

濃い味の豚肉と、薄い味でシャキシャキのもやしで

美味しいよお

きっと今夜のおかずが決まった人もいるね

是非!

 

横浜づくり

今年の横浜づくりはすでに登場しているが、

主役でもう一度、記事にさせて頂きたい

毎年、横浜づくりは濃厚路線?で攻めて来る

横浜づくり

IMG_4015

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:6%

IMG_4020

横浜の風を感じるような・・・

レポ

濃い

個性的

毎日には向かないかも知れないけど・・

独特の香りと苦みがあって、

それでいて、キレも良く、美味い

私の勝手なイメージで、やっぱ中華なんだよなあ

もやし炒め

もやし、大好きなんだよお

作り方はこちらで

IMG_4005

もやしは加熱し過ぎると一気にダメになる

ロジカルクッキングの水島弘史氏によると「もやし炒めは弱火で作ると冷めてもシャキシャキ」とのこと

弱火で調理して、最後までシャキシャキに頂きました

美味い!

 

もやしのあんかけ焼きそば

乾麺を湯がいた麺(細麺のラーメン)が残っていた

いい食べ方ないかなあ

そうだ、あんかけ焼きそばにしよう!

そうだ、京都行こう、みたいね

もやしのあんかけ焼きそば

あんかけ焼きそば、初めて作るかも知れない

麺はラップをして電子レンジで温めておいた

醤油を少しかけて軽く混ぜ、下味をつけた

ごま油をひいたプライパンに麺を広げ、両面を丁寧に焼いた

あん

ニンニク、ショウガ、長ネギを少量の油で香りを出し、豆板醤をちょっぴり

そこに豚肉を入れて炒めた

もやしを加えてサッと炒め、酒、しょうゆ、創味シャンタン、水、砂糖を加えた

最後に水溶き片栗粉を溶き入れて、とろみをつけた

焼いた麺にかけて、イタリアンパセリを飾った

出来上がり

IMG_7917

どうやら上手くできた模様

真ん中あたりに写っているのは残り物のタコ

一緒に炒めてやったぜえー

想像してたより、何倍も美味い

ペロリと食べた

具材とか工夫すればもっと美味くできそう

また作ろっと

もやし炒め

「もう一品欲しい時にはもやしがあれば」と向井君だって言ってるではないか。

栄養のあるスプラウトであるのに、20円とか30円とかで売ってるから何だか甘く見られている気がする。いいかげんに扱うとダメな食品だと思う。適切に調理すればすごく美味い。

どうでもいいことだが、安い上に、不足しがち?な野菜がたっぷり摂れる。

新鮮なものを新鮮なうちに

当たり前のことだが、新鮮なもやしでないといけない。もやしは予想以上に足が速い。今日食べる分だけを購入すること。

もやしは必ず水でよく洗う

料理本などに「さっと洗って」とか書いてある場合が多いが、スパーで売っているものは、流水で良く洗った方が美味い。私は流水で洗い、しばらく水に付けておく。

気分的にはしばらく流水にさらしたいくらいだ。その方がしゃきっとするし、イヤな匂いもなくなると思う。

間違ってもパックから出して、そのまま調理するなんてことはしてはならない。

絶対に加熱しすぎない

絶対にシャキシャキ感を残さないといけない。炒め過ぎると確実に美味しくなくなる。言い切ってしまうと、新鮮なもやしであれば、生で食っても問題ない。(商品によっては雑菌の繁殖も考えられる。良い子はマネをしないでね。)

かなり前の話であるが、自宅で数種類のもやしを栽培していたことがある。採れたての生はめっちゃ美味かった。採れたてのアルファルファの美味さを知ったら、スーパーのバカ高いパックの商品は買えない。

上記の2点を守ればだいたい美味くできる。

今日のレシピ

今日はニンニク、ショウガ、長ネギのみじん切りと少量の豆板醤を炒めて香りを出し、そこに豚肉のたたいたものを加えて塩コショウ、さらに炒めてオイスターソースで味付け。

一旦取り出して、そのフライパンでもやしを手早く炒める。
ほんの少しのオイスターソースで調味した。

シャキシャキ感を残したもやしを皿に移し、取り出してあった豚肉をフライパンに戻して炒め直す。最後に胡麻油で風味をつけた。

さらに中華っぽくしたいなら、五香粉を加えれば本格的になる。

IMG_5984

豚肉は濃いめに、もやしはめっちゃ薄く味付けしておく。混ぜながらお召し上がり下さい。めっちゃ美味ーーい。