「ヘッドホンアンプ」タグアーカイブ

ヘッドホンアンプの製作その2-完成編

古い記事の編集再投稿

ヘッドホンアンプの製作-完成編

初出14/02/03

昨日の続き

パーツを半田付けしていく

img_5371

パーツは前回とほとんど同じ

大きな違いは外部から±15V両電源を供給すること

なので、真ん中下のレーススプリッター回路は今回は必要ない

電圧が上がるので、出力の抵抗を4.7Ωから10Ωに変更してある

ケースに実装

img_5373

前のケースのまま、中身を変えるだけなのでケース加工などが必要なく、すんなり作業は進んだ

今回不思議だったのは、オフセット調整用の半固定抵抗を動かしても、全くもれ電流が変化しなかったこと

両電源だからかなあ・・・?

img_5374

ここでもさまざまなICにとっかえひっかえしていたら

前回採用したMUSES8820では、突然1.5Vもの電流が発生!!

その時接続していたイヤホンを一瞬で破壊してしまった

イヤホンをした耳が急に熱くなった、びっくり!

そしてトホホである

イヤホンが1000円くらいのヤツでよかった?100均のだったらもっとよかったのになあ

MUSES8820の耐圧が±16Vなのが原因と見られる

一瞬16V以上が流れたのだろう

MUSES8820も壊れた

トホホ×2

BB-OPA2604を採用

img_5375

耐圧±18VのOPA2604に変えるとめっちゃいい感じで鳴った

もれ電流も両チャンネル共0.3mV程度と優秀

完成

mae

前面はヘッドホン端子が標準フォンとミニフォンでひとつずつ

ushiro

背面はステレオ入力で、フォンとピンがひとつずつ

右側は±15V入力

外見は2007年に作ったヘッドホンアンプのまんま!であるが、中身は強力に高音質化に成功した

ボリュームを最大にしてもノイズも全くないし、

強力な音も、繊細な音も確実に再生してくれる

大成功

今まで作った自作の中で1番の優秀選手かも知れない

大満足

その後、レコーディングにもめっちゃ活躍している

この大成功には±15V両電源の外部電源が大きな要因になっていると思う

それについてもいつか詳しく紹介しなければいけない

もちろんトランス式の自作です

 

ヘッドホンアンプの製作その1

土曜、日曜は特に多くのマニアックさん達が検索で訪れて来てくれる

ガックラトップからは、旧ガックラのページは検索できないので、せっかくの訪問者をがっかりさせてしまっているようなのだ

なので、古い記事を編集再投稿させていただく

ヘッドホンアンプの製作

初出14/02/03

ちょっと前に紹介したMixer付きヘッドホンアンプがたいへんよかったので

同じ基板で±15Vの両電源仕様で製作することにした

いきさつ?

2007年に「はじめて作るヘッドホンアンプ」という本を参考に(めっちゃ頑張って)自作をした

その自作したヘッドホンアンプの調子が悪くなって・・いろいろ触っているうちにトランジスタから煙が出て・・

すんげえびっくりした〜間違うと燃えるんだあ〜と

すべてのトランジスタを交換したが、良い結果が出ず、何か根本的に間違っているのかなー?と・・謎のまま

回路的にはオペアンプ+トランジスタによるダイヤモンドバッファという中級のチャレンジであったが

AKGのモニターヘッドホンに合わせてゲインを上げたのがいけなかったのか?

ユニバーサル基板で組むにはちょっとややこし過ぎたのか?

めんどくさくなって、放ったらかしになっていたが・・

少し前に紹介したMixer-HPAと同じ、Mixer-HPAと同じ、Soramimiさんから購入した「SAITAMA HA-1改」の基板を

もう一度購入して製作し、ケースに移植する事にした

今回は±15Vを供給できるように改造する

壮大な計画なのだ

回路図

オペアンプ1個(2回路入り)+とトランジスタ12石(6×2)によるダイヤモンドバッファ

同様の回路の作例がネットにも多数有り、機能的な信頼性も高い

まずは基板の要らない部分をカット

img_5366

±15Vを供給するので電源の要らない部分?を切断

元のケースに収める為にも小さくする必要があった

前回と同様、オペアンプのプラス入力からアースにつながっている10kΩ抵抗を半固定抵抗にすることにした

半固定抵抗用の穴

img_5368

その半固定抵抗用の穴を空けて

取り付けた

img_5369

前回は10kΩ半固定抵抗の作戦で、両チャンネルのオフセットを0mVに調節することが出来た

そして今回は20kΩの半固定抵抗にした。ただなんとなくだけど

img_5370

で、基板ウラはこんな感じで配線されている。今回もうまくいってくれるといいのだが

 

ミキサー付きヘッドホンアンプの製作準備編

土曜、日曜は特に多くのマニアックさん達が検索で訪れて来てくれる

ガックラトップからは、旧ガックラのページは表示されず、「見つかりません」のlogが出るだけで検索できないのだ

こちらの記事も検索して頂いている様子なので、編集再稿する

ミキサー付きヘッドホンアンプの製作

ヘッドホンアンプの前段にLR各4chのミキサー機能を増設して、いろんな機材を一気に接続して使いたいと考えた

先日紹介したDAコンバーターもこのヘッドホンアンプに接続している

kiban02

Soramimiさんから購入した『SAITAMA HA-1改」の基板 送料込み800円

この基板だけだと優秀なヘッドホンアンプ

回路図

この基板を利用して製作する

部品が込み入ってなくて作業性がよさそう

両面印刷された基板でいいものができそうな予感がする

抵抗など

teikou02

抵抗はTAKMAN(日本製) REYオ-ディオ用金属皮膜抵抗

以前にTAKMANの REXは使ったことがあるが、あっちは炭素皮膜、こっちは金属皮膜

真ん中の青いボックス型は10kΩ半固定抵抗
ちょっと作例と違う作戦があって購入-後述

電解コンデンサーとターミナル

dennkai

電解コンデンサーは大きさと値段との相談でニチコンのFGシリーズを選んだ

うすみどりのBoxはターミナル

ターミナルを使うのも作例通りにした

改造の場合にもターミナルであればドライバーで基板をはずすことが出来る

積層セラミックコンデンサー

sekisousera

積層セラミックコンデンサーは音が悪い?

作例では高級なOSコンが使用されているようだが、

電源関係は個人的には100μFなど、でかめの電解コンと0.1〜1.0の小さめのセラミックコンデンサーを並列にするのが好きだ

積層セラミックは10個で100円とか安いし

トランジスタ

tr

トランジスタは音声部?にチャンネルごとに

2SC2240と2SA970のコンプリメンタリペアが2組×2chと、

2SC1815と2SA1015のペアが1組×2ch使われている

電源部のレーススプリッターには2SC2120と 2SA950のペアが1組

作例通りである

全部で14個必要になる

どのトランジスタも秋月電子で購入可能

10個パックが150円から200円とどれも安価だ

オペアンプ

opa

作例ではバーブラウンのOPA2134が推奨されているようだ

同社のOPA2604、日本製の古参NJM5532

新日本無線の新製品MUSES8820、8920など

いろいろのオペアンプを聴き比べようと思う

右のボリュームはボリュームは10kΩAカーブ2連

オーディオ屋さんは「アルプスのミニデテント」などを推奨する場合が多いが800円程もする

今回は4個必要なので見送り、マルツの1個157円で我慢することにした

マルツのボリュームはトルクも音もまあまあで好んで使っている

アルミケース

img_5330

タカチ電機工業 YM−150 150W 100D 40H

千石電商で800円くらいだったかな?

電源は秋月のスイッチングACアダプタ15V(0.8A)を使う

その入力端子に2.1mmのACジャックが必要

音声入力はRCA端子などを使わず、ケーブルを直で出すことでコストダウンをはかろうと思う

出力はヘッドホン用ステレオミニジャックとRCA端子、その切り替えスイッチやボリュームつまみも必要

ブルーのLEDも付けよう

部品よりケースとか端子とかボリュームつまみにお金がかかる

その他、配線材やはんだなども必要

線材は適材適所で手持ちのものを使う

アースには単線のIVを使いことが多い。ぶっとくて固い。ビーメックスの単線もいい音がする印象

撚り線はBeldenの8503あたりをよく使う
柔らかすぎず固すぎず、値段も高すぎないので

日本製で安くていいのはないのかな?

あと、半田はKenter44を使っている
単に使いやすいからだが、音も問題ないと思う

さて、製作にかかりましょうかあ