gakko のすべての投稿

ベーコンエッグのサンドイッチ

久しぶりだな、サンドイッチ

ベーコンエッグ

ベーコンエッグの作り方というのは、さまざまあるようだ

ベーコンはカリカリに焼いて、卵は別に焼いてあとで一緒にする、なんてやり方もあるそう。面白い

私のやり方

ベーコンをフライパンで焼いて、ちょっと時間差で卵を割り入れる

少し水を加えて蒸し焼きにして

時間を見計らってターンノーバーしたらすぐに火を消す

1分くらいでお皿などにB.E.を避難すること

E.の加熱が進んでしまわないように

軽くトーストしたパンに

B.E.を乗せる

IMG_7230

ケチャップで味付け

そしてトマトのスライス

IMG_7232

あっち側にはスライスチーズ

閑話休題

我が農園

IMG_7174

「ベビーサラダミックス」という種を撒いたらいろいろ出てきて面白い

収穫

IMG_7177

これは何という野菜かな?

味はサラダ菜に近い感じ

IMG_7235

レタスもはさんで

我が農園で採れたての野菜をはさんで

マヨネーズ

採れたての野菜が美味いのは、よく言われることであるが、収穫して直ぐの野菜には独特の力があるように感じる

贅沢だ

卵とろーり

IMG_7238

卵がとろーり、で

めっちゃうまーーい

9人の醸造家の一番搾り第2弾

また来たぞ!

IMG_7220

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」

2つ目が届いた

今度は3本セレクト+体感タンブラーのセット

応募券48枚集めて・・

応募の時にかなり悩んだが、

神戸・岡山・福岡セット

を選んだ

中箱

IMG_7222

 第1弾の9本入りの小型版

IMG_7225

神戸・岡山・福岡+タンブラー

IMG_7226

嬉しいねえ

第1弾はこんなに豪華だったんだな

IMG_6687

3本でもめっちゃうれしい

IMG_7228

前に書いたように、福岡づくりはすごく意外な軽さで驚いた

もう一度飲めるなんて!

うーーーれしいぞ

うふふふふ

マンゴーオレンジ

とうとう食べたぞ。マンゴーオレンジ

うふふふ

メーカーの宣伝文句

フタをあけた瞬間、まぶしいほどに鮮やかな
オレンジカラーにワクワクする

まるで太陽の恵みをそのまま閉じ込めたような、
トロピカルリッチなフレーバー“マンゴーオレンジ”

マンゴーソルベをひとくち、
オレンジアイスクリームをひとくち、いっしょにひとくち・・・

みずみずしいフルーツのおいしさを、
こころゆくまでお楽しみくださいIMG_7193

ソルベ

マンゴーソルベの「ソルベ」はシャーベットのことを言うらしい

が、シャーベットの感覚はほぼなく、口に入れるとすぐに溶けて果実感がじゅわっと広がり、マンゴーを味わえる

今回も食レポ?

一口目、まずは本物の果実のような甘く濃厚なマンゴーを感じる

そして後からさわやかなオレンジが追いかけてくる感じ

めっちゃ美味い!

めっちゃ濃厚、なのにさっぱり

夏!めっちゃ夏!めっちゃ南国!

期間限定

期間限定なのはあまりに残念であるが、真夏の限定というのも仕方ないかな

もう1度見つけてもう1度食べるぜ!

南国の夏の想い出?

熱いよねえ。いいよねえ

IMG_7202

鶏手羽元の赤ワイン煮

冷蔵庫に飲みかけの赤ワインが残っていた

150ccくらいかな?

何かのワイン煮込みが作りたい

そこで、鶏手羽元を煮込むことにした

先日の「煮豚」が圧力鍋で上手くできたので、今日も圧力鍋でいってみた

圧力鍋

圧力鍋は肉類ならタンパク質や繊維が早く分解されるため、短時間で調理することが可能になる

長時間のとろ火での煮込みの効果を通常の3分の1から4分の1の時間で達成できる

夏場暑い時期はいいかもね

調味料

赤ワインはあらかじめ加熱してアルコールを飛ばしておいた

赤ワイン、砂糖大1、醤油大5くらいを適当に混ぜ、さらに焦げ付かないように水を少し加えた

圧力鍋に手羽元とゆで卵、調味液、

ショウガ1片、ニンニク1片、長ネギの青い部分をすべて少しつぶして加え

加圧がかかってから10分程加熱

その後、冷めるまで放置

ホロホロの手羽元

tebamoto02

圧力鍋ってすごいよな

10分(正確には加圧後10分)で手羽元を中まで柔らかく煮ることができる

ホロホロでめっちゃ美味い

食事の脂にこの1本。

今までウーロン茶にはあんまり興味がなかった

特に好きじゃなかったかも知れない

ペットボトルで買うなら、爽健美茶だったり胡麻麦茶だったり

ほうじ茶や麦茶を沸かして作って冷やしたりもしてたが・・

何となく買った「ウーロン+プアール」のこれ!が気に入ってしまった

乙女割り

食事の時にはすごくさっぱりするし

普段に飲んでも美味い

さらには、先日記事にした焼酎の『割り水』をさらにこいつで割ってもたいへん美味い「乙女割り」ができる

IMG_7153

評判が良くない?

ところが、ネットではあんまり評判が良くないようだ

酷評されている場面もあった

なんでやろ

これ、美味いと思うんだけどなあ

私、変なのかなあ?

少なくとも、焼酎の割り水の乙女割りは、すごく美味いと思うんだけどなあ

北海道づくり

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」の5本目

今日は一番北へ行ってみる

北海道づくり

IMG_6910

めっちゃすっきり、さわやか

IMG_7000

これはいい意味で予想通りというか、期待を裏切らないビールだったと思う

味も香りもすんごく「すっきり」している

色もちょっと薄いか?

かといって味が薄いとか軽いといった感じはない

とても美味い

夏の大自然

IMG_6901

IMG_6911

北海道の夏の大自然をイメージ!かあ。いい表現だなあ

すみきった空、さわやかな風

野外のバーベキューでこんなビールが呑めたら最高だな

9つの一番搾り

前にも書いたが今回の「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」はどれもめっちゃ美味い

限定なのが悔しい?もっと呑みたいぞ。

1本しかないから、ますますリピートしたくなる

IMG_6903

仙台づくりもそうであったように、北海道づくりも原材料に、麦芽、ホップ、米、とある

北海道の米であるらしい

今までの認識が今回の企画で改められた

ビールの原材料に米を加える事で、コクを保った上でキレを良くする事に成功しているのかもしれない

hokkaido01

よく読んでみると、書いてある

「お米からは、麦芽よりも、すっきりとしたうまみが引き出せる」

なるほど!

hokkaido02

すっきりさわやか、たいへん美味いビールだった。

すげえ楽しいぞ。

焼酎-割り水

ビールも好きだし、ワインも大好きだ

そして焼酎も!

焼酎はお湯割を好んでいる

が、こう暑いとお湯割りというわけにはいかなくなる

冷たくして飲む焼酎はロックより、少し水で割った方が美味いと思うが、夏場はこんな飲み方で頂いている

割り水

焼酎をあらかじめ水で割った「割り水」を作って、それを寝かしておくという方法だ

1日以上寝かしておくと、焼酎と水がどんな化学変化をしているのかは分らないが、確実に美味くなっている

焼酎のおいしさをさらに引き出す飲み方として、本場・鹿児島でもこの飲み方は愛されていると聞く

割合

焼酎と水の割合は好みだが、私は焼酎5:水5で割ってペットボトルに入れて冷蔵庫の野菜室に入れている

常温で保存し、飲む時に氷を入れるなら焼酎6:水4くらいが良いだろう

割る「水」はやはり水道水よりも、市販のミネラルウォーターがいいと思う

寝かす時間

寝かす時間は諸説あるのだが、「1日~1週間」くらいが諸兄の論ずるところであるようだ

また、割り水した焼酎は、冷蔵庫に入れるよりも常温で保存する方が、より味がまろやかだとする説もある

化学変化であるから、冷蔵庫より常温の方が進むだろうことは容易に想像できる

本場・鹿児島の上級者は、この割り水した焼酎を「黒ジョカ」という燗酒専用の器に入れ、燗(かん)をしてたしなむという

酒の世界、奥が深く、修行が必要だ

黒伊佐錦(くろいさにしき)

IMG_7159

「黒伊佐錦」は水割りがぴったりくる焼酎だ

お湯割りには「黒霧島」が好きだ

欠点

この呑み方には欠点がある

美味すぎることだ

口当たりがまろやかで、つるつるっと呑める

呑み過ぎてしまうのである

つまり、作業がちょっとめんどくさいけど

すげえ美味いんだよなあ

謝辞

昨日はアイス、今日は焼酎

すごい振り幅にお付き合いいただき、ありがとうございました。

シチリアレモンパイ

ハーゲンダッツ

やっぱし美味いぞ、実感!

期間限定の「マンゴーオレンジ」が気になるのだが、なかなか売っていない

仕方なく?今日はこれを買ってしまった

またまたチャレンジャーだな!

メーカーのコメント

濃厚なバニラアイスクリームに、

シチリア産レモン果汁を使用した爽やかさとコクが感じられるレモンカスタードソースと、

香ばしく焼き上げたパイを混ぜ合わせました。

濃厚ながらもさっぱりとした味わいの、夏の濃厚スイーツをお楽しみください

IMG_7204

コンビネーションが良い

チョコレートブラウニーもそうだったように、アイスクリームとそれ以外の要素の絶妙なコンビネーションが抜群

パイ生地のごろごろザクザクした感触

時々感じるレモンカスタードソース、それも口の中で溶け出すような感じ

食レポ?

濃厚なバニラアイスの中のザクザクしたパイがすごく美味しいし、それにレモンカスタードの酸味が後味を引き締めている

これ、めっちゃ美味い!

想像を大きく超えている

さすがはハーゲン!やるなあ

期間限定

期間限定と言われると気になるよな

やっぱり「マンゴーオレンジ」も探して、必ず食べたいぞ

鰤(ブリ)のヅケ

スーパーで鰤(ブリ)の刺身が大量に売られていた

ピカピカで美味そうな上に、すごく安い

普段、刺身のパックなど買うことはほとんどないが、今日はこれでいっとこう!と決めた

煮きり

みりんと酒(1対1くらい)を鍋で煮立たせて火を付け、アルコールを飛ばす

その後、醤油(3〜4くらい)を加えてひと煮立ちたせる

前の記事で醤油4〜5くらいと書いたが、5も加えるときっと濃すぎる

味をみて調整するといい。濃すぎるなら水で薄めてもいい

十分に冷やしてから、ブリの切り身を加え、冷蔵庫で10分程寝かした

出来上がり

IMG_6990

ミョウガとネギを散らした

めっちゃ美味ーーーい

しかし、和食って写真が難しいな

煮きり醤油の威力

ご飯もいけるし、お酒にもバッチリ

刺身はワサビ醤油と決まってようであるが、

煮きり醤油でグレードが数段アップする

たいへん美味かった

しかしながら

和食って写真が難しいな

Landgraff DODの自作モディファイ03

2013に自作したLandgraff Dynamic Overdrive

モディファイその3

前回までのモディファイでクリッパーの切り替えを

1.  LED対称 Marshal Mode

2.  2N7000とBAT41の対称 Zendrive Mode

3.  1N4001-2本と4148-1本の非対称 TS Mode

に改造した

「Zendriveのクリッパ実験」で吟味したクリッパ回路だけに、好みのサウンドにぐっと近づいた

Zendriveの記事はこちら

さらに欲が出てくる

どんどん好みに近づいていくと、さらに欲が出てくる

すごく高いHigh成分、きらりとした超高音がもうちょっと欲しい。かといって耳にうるさいのは困る

もう少しLowの太い感じがあってもいい

回路図

Landgraff_DOD

松美庵さんから拝借しました

改造-先ずは高音部

R9(1k)とC7(0.22u)でLPF(ローパスフィルター)が形成されていて、ここで信号はハイカットされている

カットオフ周波数は723Hz

もうちょっと周波数を上げればHigh成分が上がって来る

C7(0.22u)を0.1uあたりに変更するモディファイは例があるようだ

0.1uにするとカットオフ周波数は1591Hz

試しにC7を0.1uに変更するとめっちゃHighが強調される

いろいろ試したところ、0.1+0.047の0.147あたりが、私の好み的にちょうどいい感じがした

IMG_7123

AVXのコンデンサー(生産終了)0.1uとEROの0.047uを抱き合わせてハンダ付け

これはフォルムもいい感じ

ちなみにこの定数でカットオフ周波数は1082Hz

次は低音部の調節

R6(1k)とC4(0.22u)でHPF(ハイパスフィルター)が形成されていて、つまりは、ローカットされている

ここでのカットオフ周波数は723Hz

ちなみに

この増幅部でのカットオフ周波数は、720Hzあたりというのが伝統の様で、元祖BOSS SD-1やIbanez TS9、後発のBOSS SD-1、Maxonの808もすべて同じく720Hzあたり

超元祖MXRのDistortion+ でも(帰還にクリッパが入っていないが)このフィルターのローカット定数を720Hzに設定している

この720Hzのポイントの禁を侵すと、どこか他の部分で修正しないといけないのか?

C4(0.22u)を0.33 や0.47にするとLowが上がって来る

上げ過ぎるとブーミーになってしまう

とりあえずは0.33 あたりでよしとした

パーツも厳選した。PanasonicのECQE2

PanasonicのECQE2は図体がでかいので、小さくまとめたいエフェクターなどには向かない

が、音の傾向として、減らない感じ?がして好きだ

R6(1k)とC4(0.33u)でカットオフ周波数は482Hzあたりになった

C7を少し上げたせいか、C4で増えたLow成分もそんなブーミーには感じない

ICの隣のあずき色

IMG_7127

あずき色のでかいコンデンサーがECQE2

IMG_7128

もう少し微調整はできないか?と、Tone周りの定数もいろいろ試してみたが、あんまり有用なアイデアはなかった

この回路

オペアンプの増幅段で720Hz以下をローカットして、その後720Hz以上をハイカットしているという、オーディオ的にはむちゃくちゃな回路なんだということが分る

そのむちゃくちゃな回路?でいい音が出るなんて、エレキギターってつくづく不思議な楽器だと思う

今回の改造によって、ほんの少しだけレンジが広くなった事になるが、結果はどうなのだろう

オペアンプICも4558に戻した。この回路は4558を前提でデザインされている感じがする

IMG_7131

でかい音でアンサンブルで鳴らさないと結論は出ないが、いい感じではないか?と思う

当分このセッティングで試してみよう

いつものように、基板は適当なアクリル板にグルーガンで絶縁処理

マニアックな話、最後までお付き合いありがとうございました。