gakko のすべての投稿

初鰹のバルサミコソース

江戸っ子だから?カツオが好きだ。

基本は鰹のたたきなのだが

基本はカツオのタタキなのだが、私なりに長年研究を重ねているレシピである。

かなりいい線いっていると思っている。

ワインもいける洋風にしたかった

1.少量のオリーブオイルでスライスしたニンニクを炒め、ニンニクチップを作る。

2.ニンニクの香りの移ったそのフライパンで、塩を振ったカツオ(1/4サク)の表面に焼き目をつける。

3.カツオの香りの移ったそのフライパンで、ソースを作る。

4.白ワイン又は酒、ミリン、ワインビネガー、バルサミコ酢を加熱してアルコール分を飛ばし、醤油とレモンの絞り汁で味を調整する。

5.カツオを並べた皿に出来上がったソース(熱いままで良い)を回しかけ、ミョウガ、青ネギを散らし、ニンニクチップを添える。

出来上がり

IMG_6564

もう少しネギも欲しいところ。ネギはいつも切っておくのだが、今日は在庫が足りなかった。見た目にも。

こういう料理は写真が難しいな。

自分で言うのも何だが、これ、めっちゃ美味い。

写真を撮り直した

IMG_6735

後日、作ったもの。ネギ増量して写真を撮り直した。

「白」又は「泡」がぴったしだが

ビールでもワインでも焼酎でも、何でもいけてしまう。

ご飯でもいけそうだ。

ボロニアソーセージのサンドイッチ

サンドイッチ、久しぶりだな。

フランスパン

IMG_6582

バゲットをスライスして軽くトーストした。

片方に粒からし、片方にはスライスチーズ

ボロニアソーセージ

牛の腸に詰めた(直径36mm以上の)物を「ボロニアソーセージ」と呼ぶらしい。

IMG_6585

美味そうなのがあったので買ってみた。フライパンで少し焼き目をつけた。

レタス、トマト

IMG_6587

レタスたっぷり、トマトを少し、マヨネーズをちょっぴり。

きゅうりの酢漬け

IMG_6589

大正解だったな。きゅうりの酢漬けを少し加えた

そう、実際には2つ作った

出来上がり

IMG_6592

実は昨日、このボロニアソーセージでサンドイッチを作ってみたが、イマイチ。

野菜の種類や量を吟味して、本日、再検討したものだ。

今日は抜群!めっちゃ美味ーーーい。

鯛の昆布じめ

買って来た刺身用の鯛に昆布を張りつけるだけの簡単な料理だ。

全面に昆布を張り付けて

IMG_6445

鯛の全面(上下とも)に昆布を張り付けて

ラップで巻く

IMG_6447

きつくラップで巻いて冷蔵庫に保存する。

たったこれだけ。

1口大の切り身にしてから昆布にはさむ方法や、少量の塩を振ってしめる方法など、いろいろのやり方があるようだが。

私はこの「1番簡単な」方法を好んでいる。

約1日置いたぐらいが一番好きだ。

薄造り風?

IMG_6453

安い養殖の鯛でも昆布でしめると味も良くなるし、身がしまって食感もめっちゃよくなる。

薄造り風?にしてみた。鯛は薄切りの方が好きだ。

ワサビ醤油でも美味しく頂けるが、今日はポン酢でいっといた。

美味い。

海苔トースト

これ、めっちゃ美味いよ

軽くトーストした食パンにバターを塗って

IMG_6483

バターは身体にいいのだ。

コレステロールは多い方が長生きなんだろ?!

海苔を乗せる

IMG_6485

たったこれだけ。

海苔がちょっとお高い、美味しいやつだったりすると、もう

めっちゃ美味ーーーい!よ。

やってみー!

おかんが好きでよく食べてたんだよなあ。(しみじみ)

PCでの音楽の作業

録音作業はMacで行う

どこから説明したらいいかな?

主要な機材

IMG_6573

上から

1.Midi音源 

Yamaha MOTIF-RACK ES

特別な場合を除いて、生楽器以外の音はこいつが発音している。

すべての音がすごく自然。特にピアノの音がすごくいい感じだと思う。

Yamahaの MOTIFはよく出来た音源だと思う。バージョンが進んで「ES」になって急に良くなった。高望みするときりがないが、気に入っている。

実は、ドラム、パーカッションなどは、この音源ではなく、ソフト音源を使うことが多い。

が、その話はちょっとややこしい?ので、またそのうちに。

2.パッチベイ

機材の後ろのケーブルを抜き刺しするのはとても面倒。なので機材の入出力をここに立ち上げている。自作ケーブルで結線する。

3.オーディオインターフェイス

MOTU社/ UltraLite mk3 Hybrid

アナログーデジタルの変換機

アナログ音声をデジタルデータにしてPCに録音したり、また逆にデジタルデータをアナログの音にして再生する。

この機材はホントに優れている。めっちゃいい音で録れる。

Digital Performer

IMG_6527

使っているDAWソフトウェアの画面

Digital PerformerもMOTU社製

コンピューター上での、録音、編集、ミックスなどの作業をこれで行っている。

CueMix FX ミキシングソフトウェア

IMG_6526

オーディオインターフェイス  UltraLite mk3 Hybrid に付属のミキシングソフトウェア

アナログの録音の際にちょっとコンプをかけたり、EQしたり、特に歌の録音で重宝する。

歌を録音すると

IMG_6528

歌をマイクで録音するとこんな風に波形になって現れる。

コーラスを録っている場面、よく見るとちょっとずれているけど・・・画面で修正するより、歌い直した方が早いな。

Midiデータ

IMG_6530

いわゆる「打ち込み」というやつ。

画面はデータを機械的にべたに打ち込んだだけの例

実際には

IMG_6574

マジに打ち込むと、すぐこのぐらいになってしまう。

データーも人間が演奏したっぽく、ずれているのが分る。

ミキシング画面

IMG_6532

これも単純に分りやすい例

実際にはすぐに10chから、もっと多くのチャンネル数になってしまう。

なので、ミキサーのフェーダーを動かしたデーターも記録する。

ボリュームデータ

IMG_6578

画面下、黒い天と線で示されているのはボリューム

これに従ってミキサーのフェーダーが自動的に動く

すごく手間のかかる作業であるが、画面上で複数のフェーダーが自動で動くその様は壮観だ。

まだまだ作業はあるけど、今日はこの辺で。

卵ご飯

熱々ご飯に卵を割り入れた「普通の卵ご飯」も十分に美味い。

最近はその「卵ご飯」専用のタレや醤油も売られているようだから、卵ご飯のファンも多いのだろう。

別次元の卵ご飯

まず卵黄と卵白に分け、卵白を泡立て器でホイップを作る

IMG_6508

卵が冷たい時は泡立てているボウルを少し湯煎するなどして、温めておくこと。

熱々ご飯を投入

IMG_6512

熱々ご飯を投入したら、さらに混ぜる 。

ふわふわのホイップご飯

IMG_6513

ここに卵黄を乗せ、鰹節、ネギをかける

出来上がり

IMG_6517

醤油でもいいが、私はポン酢でいただくのが好きだ

卵黄をつぶして

IMG_6519

卵黄をつぶして、ホイップご飯と混ぜながらいただく。

めっちゃ美味ーーい。

「普通の卵ご飯」とは、また違うものだな。「別次元の卵ご飯」

お時間ある時にでも、お試しあれ。

コレステロール

4月末から5月初め頃のニュース

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」で、これまで成人は男750mg、女600mgを上限としていた食事からのコレステロールの目標量を撤廃した。

食事でのコレステロールの摂取量と血中の濃度とは無関係だということが分った、としている。

もう気にしなくていいんだ。

それは動脈硬化学会が出した「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」声明を受けたものだそうだ。

なんだそれ?って思うよな。

悪者扱い

今まで、コレステロールを多く含む卵や鶏レバー、バター、エビ、イクラなどは悪者扱いされてきた。

IMG_6535

卵にいたっては「1日1個まで」という制限が常識のようにもなっていた。

ちょっと調べただけでも多くの「正しい学者さん達」は、数年前から「間違っている」と訴えてきたそうだ。

日本脂質栄養学会

日本脂質栄養学会は(正しい実験結果から)「数値が高い人はむしろ長生き」と主張し、論争が続いていたという。

また私達は騙されていたのか。

数値が高い方が長生きなんだよ!

マスコミも数年も前に違っていたことに気がついていたのだそう。

そんな中、NHKが「善玉コレステロール、悪玉コレステロール」という造語を作って、ごまかそうとしたらしい。

善玉コレステロール、悪玉コレステロールも実は嘘だということなのか?

もしそうだとしたらマジ怒ろうね!マジに!

コレステロールを悪者にすることで、儲かる人がいたのだ。食品メーカーとか薬品メーカーとか。

今日はたっぷりのバターで

オムレツ作ってサンドしてやるぜ。

トーストにマヨネーズ

IMG_6538

軽くトーストしたパンに少しマヨネーズを塗った

きゅうり

IMG_6540

バターたっぷりで作ったオムレツ

IMG_6541

ケチャップは必須

出来上がり

IMG_6545

バターで作ったオムレツのサンド、めっちゃうまーーーい。

これから毎日、卵3個ずつくらい食ってやる。

このニュースにイセ食品の社長は喜んでるだろうなあ。

でもTVなどでは流れないニュースなんだよな。

だから書いた。

蒸し鶏のおにぎらず

昨日の蒸し鶏でおにぎらずを作った。

「サンドイッチの(シリーズの)次は、おにぎらずなのかな?と思っていたんですが、違うんですね」などというご意見をいただいた。

なかなか記事にする程のレシピではないから、というのが理由かも知れない。

ご飯

ご飯に少し味がついている方が良いということは分って来た。

「塩をぱらぱらと」という超ソンプルな味付けでもいいようだ。

IMG_6488

今日はふりかけで味をつけた。

蒸し鶏

蒸し鶏のスライスを乗せて

IMG_6489

少し味をつけておこう。

IMG_6492

市販の「焼鳥のタレ」を少し

きゅうり

IMG_6494

偏見かも知れないが、蒸し鶏と言えば、きゅうり!の気がしてしまう。

トマト

IMG_6495

前に作った時にトマトを入れてすごく美味しかったから。

きゅうりもトマトも十分に水を切っておくこと。

そしてまたご飯

IMG_6498

写真で分るように、今日は「巻きす」を使った。

IMG_6499

おにぎらずはラップの方がいいかも知れない

出来上がり

IMG_6501

蒸し鶏のおにぎらず、豪華!

美味かった。ごちそうさまでした。

蒸し鶏

このブログに度々登場して、いつか作り方も紹介しようと思っていた。

この方法だと失敗なくジューシーに仕上がる。
めっちゃ簡単で美味い.

攻守両方に長け、守備範囲もすごく広い万能選手。

ご飯のおかずに、お酒のつまみに、ラーメンにも、サンドイッチにも、主菜にも副菜にもなる。

冷蔵庫の常備菜?として勧められるものだ。

鶏胸肉

今日は鶏の胸肉を使う。

安価で栄養価が高い。どうでも良いことであるが、脂肪が少なく、ヘルシーであるとのこと。

脂肪が少ないからヘルシーっていうのは完全な間違いだな。

IMG_6456

もも肉で作る場合は必要ないが、胸肉を使う時は包丁の裏などで十分にしばいておくこと。

こうすることで柔らかでジューシーに仕上がる。

逆にもも肉を使う場合は、不要な脂肪のかたまりは丁寧に取り除く必要がある。いておくとよいかもしれない。
特に内側についた脂肪は丁寧に取り除いておくこと。方が味よく仕上がると思う。

電子レンジでの調理

もちろん蒸し器で本格的に作る方法もあるが、この方法だと簡単に失敗なくジューシーに仕上がる。

電子レンジでの調理に耐える容器にしばいた胸肉を入れ、

醤油、酒 、ミリンを1対1 対1、ぐらいの割合で加える。

ショウガを薄切りにして数枚、長ネギの青い部分をつぶして入れる。

IMG_6459

 

胸肉の大きさにもよるが、電子レンジで3分加熱した後、5〜10分程度放置

天地をひっくり返して、さらに2分程度加熱して、また5〜10分程放置すればもう出来ていると思う。

さわってみれば出来上がっているかどうか分る。分らなければ切って見れば良い。

まだ加熱が十分でないと判断した場合は、あと1分単位で加熱する。

簡単すぎる

IMG_6393

加熱し過ぎると固くなるので十分注意すること。

出来上がり

IMG_6463

きゅうりのスライスをしいた。

最後に、「針ショウガ」と、別の料理で2次的に出来た「煮こごり」で仕上げてみた。

あと、ゴマもよさそう。

調理に使ったタレを煮詰めてソースを作ってもいい。

面倒なら、市販の焼鳥のタレとかポン酢でも、からし醤油などでもすごく美味しく楽しめると思う。この料理は懐が深いのだ。

五香粉

もっと本格的な中華風にしたいなら「五香粉」を耳かき1杯程、レンジに入れる前に加えると良い。

しかし、その場合はサンドイッチなどには向かなくなるだろう。

Tube Driverの製作その2

本物の真空管を使ったOverDrive

Tube WorksのTube Driverを自作することにした。

いろんなパーツをチェックする

IMG_5427

パーツをユニバーサル基板で配線を済ませたらすぐに音が出た。
やったね。

主に信号経路のコンデンサーを換えながらサウンドチェック。音もなかなか良いと思う。結構歪む。

いろいろ試したが、真空管に達する前のOPアンプの時点でもうかなり歪んでいる。

OPアンプの歪みと真空管の歪みとがミックスされて、このエフェクターのサウンドになっているようだ。

電圧

回路図では、一般的なエフェクターと同じ9Vを供給するようになっている。

が、回路図の下に書かれているように12Vにすることを推奨するらしい。多くのジサッカーも「その方がいい」と報告している。

実験的に9Vから12Vに上げてみると、すごくいい感じになる。

OPアンプの歪みが押さえられているのが分る。

めっちゃいい。もっと電圧上げたい。

OPアンプを歪まないようにするには、OPアンプへの電圧を上げてやれば良いんじゃないかと考えたからなのだが・・・

この時点での電圧の12Vというのは、真空管のヒーター電圧に合わせた12Vである。

真空管のカソードには300Vとかかかっているものがたくさんあるが、ヒーターに12.6V以上かけてはいけない(らしい)。

そこで試したこと

OPアンプと真空管のカソードに15V、ヒーターに12Vの電圧をかけてみた。

別々に手持ちの15V、12Vのアダプターをつないでみたのだ。

すると・・・

めっちゃいい感じ

すごいいい感じ。ざらざらしたOPアンプの歪み?がさらに押さえられたのか、粘っこい感じで歪む。

気持ちいい。いつまでも弾いていたい。

さらにすごいことに、ギター側のボリュームを下げると、めっちゃクリーンなサウンドになる。

すごく上質な真空管アンプを弾いている感じだ。

これは困ったことになって来たぞ

これは困った「めんどくさいこと」になってきたぞ。

ひとつのエフェクターで2つの電源を用意しなくてないけないのか?

続きはまた日をあらためて。