9人の醸造家の一番搾り

来た来た!

IMG_6682

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」が届いた。

応募券を96枚集めたってことは96本呑んだってことだ。

自覚できないな。

中箱

IMG_6685

キリンのマークのデザインって優れていると思う。

IMG_6687

美しいぜ

箱の見開きに説明

IMG_6696

箱の内側に製法などが書かれていて、気持ちをあおられる。

「9人の醸造家の腕が鳴っている。」という小冊子もついている。

あおられるぜ。

IMG_6697

IMG_6699

IMG_6701

1本ずつ大事に呑んで報告するね。

って、そんなの要らないか。

たまごサンド

厚生労働省も「食事でのコレステロールの摂取量と血中の濃度は無関係」と、認めた。

今まで「卵は1日1個まで」なんて「大嘘が常識」になっていたと言うことだ。

そんな理由から卵をセーブして来た人も多いと思う。

もう気にしなくていいんだから、いっぱい卵を食べよう。卵って美味しいよね。

 オムレツのサンドイッチ?

ゆで卵をつぶしてマヨネーズとあえて、それをパンにはさむ。

そんなたまごサンドも悪くないが、私はこれが大好き。

「オムレツサンド」と呼ぶべきか?

以前にも、半分サイズで登場したが、もう一度フルサイズで紹介しておく。

トースト

いつものように食パンは軽くトーストする。

IMG_6622

こっち側にはバターを、あっち側にはちょっぴりマヨネーズを塗った。

オムレツ

IMG_6623

卵2個でオムレツを作った。

牛乳を少し加えて「バターで」焼いてやったぜ。
コレステロールは気にしなくていいいんだよ。厚労省もついに認めたんだから。

ケチャップは必須。

きゅうりとレタス

IMG_6626

前回はきゅうりのみであったが、今日はレタスも2枚程はさんだ。

きゅうりだけで全く問題ないが、今日はバリエーションということで。

出来上がり

IMG_6629

上のパンを乗せたら、ぎゅうっと押さえてひっくり返して、半分にカット。

きゅうりだけの時より、レタスを加えた分、ほんの少し(ほんの少しね)マヨネーズを多めにした方がいいかもしれない。

たまごサンド、大好きだ。

生ハムトマト

こんなのは料理とは呼べないな。

大型スーパーで良さげな生ハムを売っていたので買ってみた。

塩分もちょうど良く、何より脂肪が甘くて美味い。

動物性の脂肪

ちょっと前の私だと、こういう脂肪分は避けていたかも知れない。

が、人は変わるものだ。

コレステロールは多い方がいいし、植物性油脂より、動物性の方が身体に良いようである。

コレステロールの件は、今まで騙されて来たことを恨んでこんな風に書いているが、本来は「コレステロールを多く含む食品を摂っても血中濃度は変わらない」というのが正しい。

つまりは「コレステロールについては考えなくて良い」ということである。

美味そうな生ハム

IMG_6670

トマトを適当な大きさに切って、生ハムを乗せて、パルメザンチーズを振りかけた。それだけのことだ。

オリーブオイルをかけますか?

いや、写真で分るように、めっちゃ脂のってます。今日は動物性のみでいっときましょう。

めっちゃ美味そう。

IMG_6668

ビールでも焼酎でも美味そうだけど、やっぱ、ワインでいっときますか?

ウクレレの弦再び

ウクレレの弦については、4/21に書いているが、もう一度まとめておこうと思う。

釣り糸

私はウクレレに釣り糸を張って弾いている。

1弦に釣り糸の8号、2弦に12号を使っているが、3弦はまだ決まっていない。

2本のウクレレに3弦だけ号数を変えて張ってみて、試してみようと思う。

2本のウクレレ

上がkiwaya 楽モデル、下がPupukea UF-30

IMG_6672

楽モデルには
1弦:8号
2弦:12号
3弦:20号
4弦:YAMAHA NS114

Pupukeaには
1弦:8号
2弦:12号
3弦:16号
4弦:YAMAHA NS114

と、3弦だけ変えて張ってみた。

3弦の16号と20号の釣り糸は、ネットで小分けで販売してくれる人を見つけて購入したもの。

20号ではちょっと太すぎるし、もうちょっとテンションが低い方がバランスが良くなるように感じる。

16号でちょうどいいか?それとも、ひとつ番手を上げて18号がいいか?

前によく使っていたWorth

IMG_6674

1弦:0.52mm(0.0205inch)
2弦:0.66mm(0.0260inch)
3弦:0.74mm(0.0291inch)
4弦:0.57mm(0.0224inch) HighG仕様

と、書いてある。これを釣り糸の番手に換算すると

1弦:10号 0.52mm〜0.55mm
2弦:14号 0.62mm〜0.66mm
3弦:20号 0.74mm
4弦:12号 0.57mm〜0.61mm

となる。

今使っているのは、1弦が8号で、2弦が12号であるから

今から考えると、めっちゃ太いなあ

オルカス・フロロカーボン

IMG_6163

写真はミディアムゲージだが太いので、ライトゲージで示す

1弦:0.49mm(釣り糸換算8号)
2弦:0.64mm(釣り糸換算14号)
3弦:0.73mm(釣り糸換算20号)
4弦:0.55mm(釣り糸換算10号)

やっぱり売ってる弦は太いというか、私は細いのを好んでいることがわかる。

4弦は巻き弦(ヤマハのクラシックギター4弦)を使っているので無視するとして

今使っているクレハシーガー船ハリス

IMG_6168

1弦:8号 0.47mm
2弦:12号 0.57mm

クレハシーガーエースのゲージ

クレハシーガーエースは古楽器の世界では有名な釣り糸

14号:0.62mm
16号:0.66mm
18号:0.70mm
20号:0.74mm

3弦をどうするか?

16号のままで行くか、18号に上げるか?

もう、数字では分らないんだよ。

誰か18号を120センチ程(2回分)分けてくれないかなあ?

100m巻きを買ってしまう前に、一度試してみたいなあ。

ソーセージのカルボナーラ

カルボナーラ

カルボナーラはベーコンで作るより、ソーセージの方が好きだ。

生クリームは使わない。本物のイタリアンのレシピでは生クリームは使わないのだそう。

トマト

ソーセージを炒めて、トマトを1/2個程サイコロに切って加えてさらに炒めた。

この時点で一般的なカルボナーラではないかも知れない。でもこれもめっちゃ美味いよ。

(ニンニクのみじん切りを入れたいところであるが、この日は仕事のため控えた。入れた方が美味いと思う。)

野菜だし

味付けは、得意の「茅乃舎(かやのや)の野菜だし」を少量(パックから出して)パラパラと。

IMG_6283

ゆで上がったスパゲティーをフライパンに入れて、絡め合わせる。ゆで汁を加えて調整

卵黄

火を止め、最後に卵黄を加えてすばやく混ぜる。

実は卵が大好きなんだ。コレステロールは多い方が長生きなんだそうだ。

IMG_6522

パルメザンチーズとねぎをかけた。

コレステロール

実はコレステロールは、食品から摂取しても、体内の量はほとんど変わらないのだそう。

今までなんだったんだろ?

 

さざえの刺身

私達がスーパーで購入することのできる食品の中で、最も新鮮なものは生きた貝だと思われる。

なんてったって生きてるんだもんな。

さざえ2個

閉店間際のスーパーで500円のさざえ2個パックが半額になっていた。生きている様子。迷わず購入。

税込み270円。安い。

買って来たばかりの写真を撮って置けばよかったなあ。後悔

イメージ図

sazae02

写真を撮っていないのでイメージだ。

本物はもっと油断している感じ、フタを開けていた。

油断しているスキを一気に攻めるのがポイントだな。

貝から中身を取り出した

IMG_6614

貝開けの専用の道具は所有していない。ステーキナイフで代用した。

先ずは中央のフタにくっついたメインの部分を一気に引っ張り出す。

プロは内臓(ワタ)までくっついたまま取り出せるかも知れないが、私には無理。

でも、写真のようにちぎれてしまっても全く大丈夫。

その後に、貝殻に指つっこんで、ゆっくりとワタを取り出せばよろしい。

ワタの付け根部分は苦くて美味しくない。

「ワタの付け根からグルグル渦マーク」までは捨てた方がいいらしい。

全部きれいに掃除して、身の部分はそのまま氷でしめた。

出来上がり

IMG_6620

右上の貝殻に盛ったのは。身部分。コリコリしている。

下の白っぽいのは貝柱。柔らかい感触。

左上のワタ部分は、念のため、さっと湯をしてから氷でしめた。

ワタ、白いのと黒いのががあるが、白いのはオスで精巣、黒いのはメスで卵巣であるとのこと。

一番先っぽが一番美味いんだよな。呑んべえにはたまりません。

サザエのワタは腸だと思っている人が多い。排泄物だと思っている人もいるかも?でも、まったく間違いだ。

ホタテの話

以前にどこか?で雑談で「ホタテのビロビロで、赤いのと白いのがあるよね、あれ、何でかな?」なんて言ったら、すぐにググって調べてくれる人がいて「赤はメス、白はオス」って教えてくれた。

同じなんだな。

貝って簡単っていうか、素直でいいなあ。

貝は、春から初夏が旬だと言われる。

今日のさざえ、新鮮で、めっちゃ美味かったぞ。

神楽坂五十番の肉まん

TVなどでも時々紹介されている有名店。

一度食べてみたいと思っていた。

神楽坂五十番の肉まん

IMG_6561

ホントはかぶりついて食べるのが美味いと思うが、中身を確かめたいではないか。

肉汁たっぷり

IMG_6563

写真では分りにくいかも知れないが、肉汁がジュワーっと溢れて出てくる。

すげえ。

味もしっかりついていて、たいへん美味いのに全くしつこくない。

食べたあともスッキリ。

さすがは有名な老舗の人気商品だ。

めっちゃ美味ーーーい。

初鰹のバルサミコソース

江戸っ子だから?カツオが好きだ。

基本は鰹のたたきなのだが

基本はカツオのタタキなのだが、私なりに長年研究を重ねているレシピである。

かなりいい線いっていると思っている。

ワインもいける洋風にしたかった

1.少量のオリーブオイルでスライスしたニンニクを炒め、ニンニクチップを作る。

2.ニンニクの香りの移ったそのフライパンで、塩を振ったカツオ(1/4サク)の表面に焼き目をつける。

3.カツオの香りの移ったそのフライパンで、ソースを作る。

4.白ワイン又は酒、ミリン、ワインビネガー、バルサミコ酢を加熱してアルコール分を飛ばし、醤油とレモンの絞り汁で味を調整する。

5.カツオを並べた皿に出来上がったソース(熱いままで良い)を回しかけ、ミョウガ、青ネギを散らし、ニンニクチップを添える。

出来上がり

IMG_6564

もう少しネギも欲しいところ。ネギはいつも切っておくのだが、今日は在庫が足りなかった。見た目にも。

こういう料理は写真が難しいな。

自分で言うのも何だが、これ、めっちゃ美味い。

写真を撮り直した

IMG_6735

後日、作ったもの。ネギ増量して写真を撮り直した。

「白」又は「泡」がぴったしだが

ビールでもワインでも焼酎でも、何でもいけてしまう。

ご飯でもいけそうだ。

ボロニアソーセージのサンドイッチ

サンドイッチ、久しぶりだな。

フランスパン

IMG_6582

バゲットをスライスして軽くトーストした。

片方に粒からし、片方にはスライスチーズ

ボロニアソーセージ

牛の腸に詰めた(直径36mm以上の)物を「ボロニアソーセージ」と呼ぶらしい。

IMG_6585

美味そうなのがあったので買ってみた。フライパンで少し焼き目をつけた。

レタス、トマト

IMG_6587

レタスたっぷり、トマトを少し、マヨネーズをちょっぴり。

きゅうりの酢漬け

IMG_6589

大正解だったな。きゅうりの酢漬けを少し加えた

そう、実際には2つ作った

出来上がり

IMG_6592

実は昨日、このボロニアソーセージでサンドイッチを作ってみたが、イマイチ。

野菜の種類や量を吟味して、本日、再検討したものだ。

今日は抜群!めっちゃ美味ーーーい。

鯛の昆布じめ

買って来た刺身用の鯛に昆布を張りつけるだけの簡単な料理だ。

全面に昆布を張り付けて

IMG_6445

鯛の全面(上下とも)に昆布を張り付けて

ラップで巻く

IMG_6447

きつくラップで巻いて冷蔵庫に保存する。

たったこれだけ。

1口大の切り身にしてから昆布にはさむ方法や、少量の塩を振ってしめる方法など、いろいろのやり方があるようだが。

私はこの「1番簡単な」方法を好んでいる。

約1日置いたぐらいが一番好きだ。

薄造り風?

IMG_6453

安い養殖の鯛でも昆布でしめると味も良くなるし、身がしまって食感もめっちゃよくなる。

薄造り風?にしてみた。鯛は薄切りの方が好きだ。

ワサビ醤油でも美味しく頂けるが、今日はポン酢でいっといた。

美味い。

歌とギターと・・・ガッコのホームページ