「ケーブル」タグアーカイブ

MDRヘッドホンのケーブル交換

これまで何度もこのヘッドホンの修理をしてきた

前回はこちら

前回の記事で

「ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう」と書いている

Sony MDR-G75

前回の記事からさらにさらに断線の修理をしたが

IMG_2735

ひょろひょろの UEWと呼ばれるポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線は断線しやすいかも知れない

交換前

IMG_2743

新しいケーブル

MOGAMI製の外形約2mmの2芯シールド(型番不明)

秋葉原TOMOCAで購入

100円くらい / m

IMG_2737

ヘッドホンケーブルは2芯シールドぢゃ無い方が良いとする意見もあるが・・・

そんなにシビアではないので使い勝手を優先する

柔らかくしなやかでくせがない

ケーブルを剥いて

IMG_2738

プラグ側から始めよう

プラグは秋月電気で100円程度のものを購入

IMG_2744

熱収縮チューブを付けてきちんとハンダ付けした

IMG_2747

カバーはプラスティック製

IMG_2749

さらに熱収縮チューブ

IMG_2751

ヘッドホン側

IMG_2754

こっち側は何度も修理してるから手慣れたもんだ

やっぱ普通の撚り線の方がUEWより断然!ハンダ付けしやすい

ホットボンドで固定

IMG_2755

出来上がり

IMG_2758

うわっ!

音が良くなった

気のせいではない!確実に音が良くなった

大成功!

このヘッドホンは2007年頃に4〜5千円で購入したらしい

真剣なモニターは無理だが、普段使いにはお手軽で気に入っている

またリニューアル出来た!

うれしい!

 

自作電源ケーブル

昨日の記事はコンセントボックス、つまりは電源タップとも言われる複数の機材に電源を供給する為のもの

それも単線(平行ケーブル)で作る!という超反則技だった

それに比べると本日の電源ケーブルは正に正統派のストロングスタイルと言えよう

IEC コネクターと呼ばれるコンセントプラグを用いて機材に電気を供給する為の電源ケーブルである

いわゆる高級機材?に使用されている電源ケーブルを自作した

機材と電気と音

機材をつなぐ、実際に音が流れる「ラインケーブル」によって音が変わることは事実である

安物のケーブルだと音質だけでなく、ノイズが出たりすることもある

それは容易に理解できる

が、最近は壁コン セントから100Vを供給する「電源ケーブル」によっても音質が左右されると言われている

そんなことってあるのかなあ?と半信半疑であった、というか信じてなかった

ところが、実際に経験するといろいろと気になってしまう

機材に付属して いる電源ケーブルは、まあまあ「それなり」 なんだろうとは思うが、変によれていたり、すごく硬くて使いにくいことがある

当時、頻繁に使う録音に欠かすことのできない機材(現在は使っていない)「MOTU828」のケーブルが そうであった

そう、音質がどうの、とかいう問題ではなく、使いやすさや安定性?を考えての行動であった

いろいろと物色していたのだが、これまたピンキリでよさげなモノは値段が張る

そこで、オークションで見つけたBELDENのケーブルを用いて自作してみることにした

自作した電源ケーブル

作り方はいたって普通?なので、途中経過は省略する

dgc01b

ケーブル:BELDEN 19364
機材側 IEC コネクター: SCHURTER 4782
電源コンセント: HUBBELL HBL8215CAT

IECコネクター

SCHURTER 4782は比較的低価格で扱いやすいといわれている

音も色づけが少なく、素直であるとの評判からこれを選んだ

sch01b

下の写真で分かると思うが、コネクターの真ん中にネジが貫通する形であるため3芯のケーブルを通すのには工夫が必要になる

初めて自作する、という人にはお勧めできないかも知れない

shuinb

ホスピタルグレード

コンセントプラグは「ホスピタルグレード」とよばれる3極になっているものである

HUBBELL HBL8215CAT

hub02b

「ホスピタル」というぐらいであるから病院で使う用に開発されたのかも知れない(不詳)

hub03b

写真で判明していると思われるがBELDENのケーブルも3芯構造になっていてプラス、マイナス、アースとなっている

コンセントも3極になっている

当然のことながら日本の普通の壁コンセントにはささりません

はははは

HUBBELL HBL8215CATはプラグに対してケーブルが90度の方向に伸びるL型になっているところが気に入っている

高価であるが、安定感は抜群である

音はどうなんだろう?

デジタル機器に使っていると、劇的に良くなったかどうかはよく分らない

元々より悪くなってはいないことは確信できるが・・・

ただ、ちょっとやそっとじゃびくともしない?断線など絶対しない?安定性や信頼性は抜群である

 

コンセントBOX-02

先日の記事での言い回しが正しくなかったかも?

「コンセントBOX」などのワードで検索をして、ガックラにたどりついてもらったものの

旧ガックラのページは表示されずに「見つかりません」のlogが出るようだ

すごく残念な気持ちにさせてしまって申し訳ない

なのでこちらに再投稿することにした

コンセントBOXの第1話はこちら

コンセントボックス2号

tap02b

ケーブル:品川電線単線2mm 2芯
コンセントタップ:松下ホスピタルグレード WN1318×2
コンセントボックス:自作木製
コンセントプレート:ステンレス 3号器:プラスティック

単線の電源タップ

普通電源タップは撚り腺のケーブルで作るのが常識だと思う

使い勝手を考えればしなやかでないといけない

製作した電源タップのケーブルは単線2mmが2本、すごく太い針金が2本であるから軽い力では曲がらない

ボックスは一度固定するとほとんど動かせない状況になる

だから壁コンみたいに使うしかないんだな

私のような「クソ耳」は偉そうに言えないが、一般的なテーブルタップ?よりは絶対に良いと思う

気のせいかも知れないが「元気な感じ」がする

高級品は使ったことがないので比較は出来ない

とりあえずは平行ケーブルを使っているという観点からなら、「壁コンに一番近い」と言えるのではないか?

コンセントボックス3号

tap03b

ケーブル:古河電工製単線2mm 2芯だったような?
コンセントタップ:松下ホスピタルグレード WN1318×2
コンセントボックス:自作木製
コンセントプレート:プラスティック

木製?

板材をコンセントプレートに合わせて切っただけである

そうすることで3号機のようなスリムな躯体が実現できる

音も問題ないと思う

色を塗ったりしたら、もっとカッコいいのかなあ

コンセントのアース

コンセントについている緑のシールはアースを示している

差し込む機材側のコンセントプラグにもアースの印をつけておいて、極性を合わせるようにしている

マニアックで意味分らんよね

カバープレート?

コンセントのカバープレートによっても音は変わると言われているが、私の耳では全く分からない

ボックスの素材(1号機は塩化ビニル、2号機3号機は木材)によっても変わるらしいが、 私にとっては使いやすさやコストの方が大きい

品川電線単線は1mあたり300円程度であるからコス トパフォーマンスでこれ以上のモノはないだろう

怖ろしいことに1m1万円以上のケーブルも存在するのだ

コンセント本体、松下WN1318も比較的安価(1400円くらい)であるが、たいへん気に入っている

コンセントプラグ

hub02b

コンセントプラグはHUBBELL HBL8215CAT (4000円以上)

HUBBELL HBL8215CATはプラグに対してケーブルが90度の方向に伸びるL型になっているところも気に入っている

高価であるが、壁コンセントに吸い付くように密着し、安定感は抜群である

 マニアックな記事に最後までおつきいいただき、ありがとうございました

電源ケーブルシリーズの記事で紹介したいネタも色々あるんよ

また紹介させてね(ほぼ強引)

 

コンセントBOX

かなり前の機材の記事

旧ガックラの機材のページからこちらにたどりついたものの

「見つかりません」のlogで悲しい思いをさせてしまった方もおられる模様

ありがとうございます

なので再投稿する

コンセントBOX

機材への100V電源供給については、壁のコンセントから直接!というのが理想かも知れない

が、機材が多くなるとそういうわけにもいかない

電源をいくつかに分配するいわゆる「電源タップ」とよばれるアダプター(?)が必要となる

一般的なモノなら数百円で手にはいるだろうし、三口タップなら百均でも売っ ているかも知れない

これもまたマニアックな世界でオーディオショップにはなんと!ン万円もする商品が並んでいる

音質にどれほど影響があるかは分からな いが、電源タップにン万円もかけるワケにはいかない

またまた自作することになった

自作コンセントBOX

製作は2002年頃、あるオーディオ雑誌で「Fケーブル」に関する記事を見つけた

そこで、こんなモノを作ることになった

コンセントボックス1号

tap01b

ケーブル:品川電線Fケーブル単線2mm 2芯
コンセントタップ:松下ホスピタルグレード WN1318×2
コンセントボックス:PVR-16W
コンセントプレート:ステンレス

Fケーブル

Fケーブルとは、主に建物の屋内配線に用いられるもののことをいう

多くの建物の壁の中の電源はこのFケーブルで配線されている

塩化ビニルで被覆された電線2~3条を平行に並べてあることから平行ケーブルともよばれる

コンセプト

壁のコンセントまではこのFケーブルで電気が送られてきているのだから

いっそのこ と、「Fケーブルでコンセントボックスを作ってしまったらいいのではないか?」というのが製作のコンセプト

分りやすく言うと

部屋の壁のコンセントまでの電気はFケーブルを通って来ている

だから壁から機材までのたった1~2mだけとびきりのケーブルにしたところで・・・

それは「新大阪から品川まで自由席に乗っ て品川で乗り換えて東京までグリーン車に乗ってる」みたいな感じなのではないか?

だったら乗り換えないでずっと自由席のFケーブルで、みたいな?ことかな?

かえって分りにくい?

何種類も作ったのでまた紹介するね