「さざえ」タグアーカイブ

石川に乾杯

一昨日の福井の東隣り

北海道&東北&北陸の詰め合わせセットから

石川に乾杯

IMG_4313

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5%

IMG_4315

えっ?横浜工場で作ってんの?

レポ

「芳醇な香り」と書いてあるほどには

そんなに香っていない気がする

香り、甘み、苦み、酸味のバランスが良い

少し軽い感じですっきり!

キレもたいへん良く、飲み飽きない気がする

これは繊細な料理が良いと思う

さざえの刺身

IMG_4299

これ、2個分

以前にも記事で紹介しているが、蓋のできる鍋に1cmくらいの湯を沸かし

そこにサザエを逆さまにして入れ、1〜2分加熱すれば容易に捌ける

2個ともオスだったようだ

たたいたワタを醤油に溶かして頂く

美味い〜石川にぴったし!だ

閑話休題

新しい仲間

ルリーちゃんです

IMG_4305

ちょっと写真がボケているが・・・

一部透明な体に赤いコントラスト

美しい

エビちゃんに乾杯!

 

静岡に乾杯

1ヶ月程冷蔵庫で冷やしに冷やしまくっていた「静岡に乾杯」

思い切って飲むことにした

静岡に乾杯

IMG_3684

イラストは「日本平」とのこと

IMG_3686

香り華やぐ一杯

うわあ、どストライク!

香りが良く、豊かながら、しつこくなく

キレも抜群!

毎日でも飲みたい!

さざえの刺身

これでいっときました

IMG_3681

捌き方はこちらに記事がある

ワタをたたいて、ちょこっと醤油を加えてソースを作り、身にからめていただく(わさびも少し)

さざえコリコリ、乾杯ごくごく、たまらぬ!

めっちゃ美味ーーい!

ありがとござった

 

そば焼酎雲海

焼酎は芋を選択することが多い

黒霧島や黒伊佐錦など、最近人気のある芋焼酎はすっきりとしていて「臭い」というイメージを完全に払拭している

でも今日はこれを選択

そば焼酎雲海

吉田羊さんにすすめられたら断れないなあ

IMG_3346

SobaSodaでしょう

IMG_3345

ソーダ割りも美味いなあ

さざえの刺身

IMG_3404

スーパーでの閉店間際の安売り品を購入

生きている貝を自分で捌いたら格別!

捌き方はこんなやり方もあるよ

手前のワタの部分は少し湯をした

白いのはオス、みどりはメス

ペアだったようだ

ワタもめっちゃ美味いーー

呑み過ぎるなあ

 

さざえの刺身(蒸し)

さざえの刺身については、昨年の5月に1度記事にしている

その時はフレッシュなまま、刺身にした

今回は少し加熱する

作り方

蓋のできる鍋に深さ1〜2cmほどの水を沸騰させ、そこにさざえを置いて1〜2分加熱する

1分だとほとんど生の感じで頂けるし、身をもう少し柔らかくしたいなら5分くらい加熱してもいい

氷水に取って、さざえのフタを引っぱって殻から引っぱり出す

少し加熱することで、殻から取り出しやすくなる

5分も加熱すると、めっちゃ簡単に取り出すことが出来る

さざえは砂ぶくろ以外は身も内蔵もすべて食べられるらしいが、内蔵の付け根部分は苦くて美味くない

「ワタの付け根からグルグル渦マーク」までは捨てた

出来上がり

img_0874

これで2個分

右上にワタの先っぽ部分、ここが美味いんだよお

この部分、オスが白、メスが緑、2個ともメスだったようだな

右下はワタをたたいたもの、身にからめて頂きます

うわー、たまらん、めっちゃ美味い

生より美味いかもしれん

特にたたいたワタがたまりません

これは焼酎、濃いめの水割りで!

 

さざえのつぼ焼き

以前にさざえの刺身を作ったとき、写真を撮るのを忘れた

今日は忘れずに撮影

IMG_7290

生きている

めっちゃ新鮮!

さばくには、油断しているスキに一気に攻める

ステーキナイフなどを使って身を引っ張り出す

躊躇せずに一気にやってしまうのがコツだと思う

身の部分

IMG_7292

先ずはフタにくっついた身の部分が出て来た

内臓部分が中に残ってしまうが、大丈夫

貝殻に指をつっこんで、ゆっくりとワタを取り出す

ワタの部分

IMG_7293

ワタを取り出した

ワタの付け根部分は苦くて美味しくないので「ワタの付け根からグルグル渦マーク」までは捨てた方がいい

食べやすい大きさに刻んで貝殻に戻す

まだ生の状態

IMG_7299

その前に

フタを貝殻の底に詰めて、身が中まで入らないようにしておくこと

身に酒をかけて、醤油をちょっぴり落として網に乗せて焼く

しばらくすると、ぐつぐつしてくる

出来上がり

IMG_7304

めっちゃ美味そう

IMG_7302

ビール、ビール!

めっちゃ美味ーーい

さざえの刺身

私達がスーパーで購入することのできる食品の中で、最も新鮮なものは生きた貝だと思われる。

なんてったって生きてるんだもんな。

さざえ2個

閉店間際のスーパーで500円のさざえ2個パックが半額になっていた。生きている様子。迷わず購入。

税込み270円。安い。

買って来たばかりの写真を撮って置けばよかったなあ。後悔

イメージ図

sazae02

写真を撮っていないのでイメージだ。

本物はもっと油断している感じ、フタを開けていた。

油断しているスキを一気に攻めるのがポイントだな。

貝から中身を取り出した

IMG_6614

貝開けの専用の道具は所有していない。ステーキナイフで代用した。

先ずは中央のフタにくっついたメインの部分を一気に引っ張り出す。

プロは内臓(ワタ)までくっついたまま取り出せるかも知れないが、私には無理。

でも、写真のようにちぎれてしまっても全く大丈夫。

その後に、貝殻に指つっこんで、ゆっくりとワタを取り出せばよろしい。

ワタの付け根部分は苦くて美味しくない。

「ワタの付け根からグルグル渦マーク」までは捨てた方がいいらしい。

全部きれいに掃除して、身の部分はそのまま氷でしめた。

出来上がり

IMG_6620

右上の貝殻に盛ったのは。身部分。コリコリしている。

下の白っぽいのは貝柱。柔らかい感触。

左上のワタ部分は、念のため、さっと湯をしてから氷でしめた。

ワタ、白いのと黒いのががあるが、白いのはオスで精巣、黒いのはメスで卵巣であるとのこと。

一番先っぽが一番美味いんだよな。呑んべえにはたまりません。

サザエのワタは腸だと思っている人が多い。排泄物だと思っている人もいるかも?でも、まったく間違いだ。

ホタテの話

以前にどこか?で雑談で「ホタテのビロビロで、赤いのと白いのがあるよね、あれ、何でかな?」なんて言ったら、すぐにググって調べてくれる人がいて「赤はメス、白はオス」って教えてくれた。

同じなんだな。

貝って簡単っていうか、素直でいいなあ。

貝は、春から初夏が旬だと言われる。

今日のさざえ、新鮮で、めっちゃ美味かったぞ。