「トルティーヤ」タグアーカイブ

かぼちゃとチーズのトルティーヤ

トルティーヤというもの自体の存在を知ったのも最近のことだ

こちらの記事でファーストコンタクトを語っている

それから自分で工夫して・・・

生地まで捏ねて作ったり

クレープ風に焼いたりもした

しばらくクレープ熱?は冷めていたが・・・

またまたスタバにて

Pumpkin & Cream Cheese

SALAD WRAP

これ、いいです

かぼちゃとチーズって合うんだなあ〜と感じる

サンドイッチとお菓子(ケーキ?)の中間的な感じ

かなあ?

レタスやきゅうりのアクセントも丁度いい

スタバ、やるなあ

大豆やらさつまいも、大豆も入ってたのか

あんまり分からなかったけど

絶妙のさじ加減なのでしょう

トルティーヤ、また作りたくなってきた

 

トルティーヤ:クレープ風編

トルティーヤの研究が進んだ

トルティーヤの記事としては6つ目

はい、アホです!

今回はクレープみたいに焼いた

この本を参考にした

hakurikireci

材料

薄力粉 50g
塩 パラパラ
オリーブオイル 小さじ1/2
水 50cc

(本の内容とは異なる、この分量で2枚分)

作り方

材料を泡立て器で混ぜる

img_0897

テフロン加工のフライパンで焼く

少し油をひいた方が良いと思う

焦げないようにゆっくり焼く

img_0901

チーズ・チキン・トマト・ケチャ

img_0903

さらしたオニオンスライス・きゅうり・マヨ

img_0905

出来上がり

img_0907

柔らかい、ふわふわで美味い

モチモチはしていないけど・・普通に美味い

全く問題なく美味いやん!

めっちゃ簡単やん

今日は薄力粉100%だったが、強力粉を加えることでモチモチ感も出せるのかも知れない

でも、これ、特別な材料が必要なくてすごく簡単で美味い!

皆さんも是非、試してみて欲しい

 

トルティーヤを焼いた、その3

またまたトルティーヤを焼いたよ

トルティーヤの記事としては5つ目

我ながらアホですな

前回のやり方がたいへん簡単で、上手くいったから

材料

薄力粉 50g
塩 ひとつまみ
オリーブオイル 小さじ1
熱湯 35cc

前回より熱湯を5cc 増やしてみた

これを混ぜて捏ねるのだが、湯を増やしたから、うまくまとまるかな?

img_0724

全く問題ない

前回より柔らかめでよろしい!

この量でちょうど2枚分

クッキングペーパーに乗せて伸ばすとくっつかなくて良い

フライパンで素焼きにする時、クックパーを使うとくっつかなくて良い

img_0725

チーズをたっぷりにすると、食感が柔らかくなることに気がついた

img_0730

スライスチーズ1枚半、トマトのスライス、生ハム2枚、キュウリ、マヨネーズ

出来上がり

img_0736

だんだん上手になっていく

ふふふふ

 

トルティーヤを焼いた、その2

またまたトルティーヤを焼いた

 前のやり方はすごくめんどくさかったし、

ちょっと固かった

クックパッドの大人気パン

img_0722

今回はこの本のやり方でいってみる

材料

薄力粉 50g
塩 ひとつまみ
オリーブオイル 小さじ1
熱湯 30cc

たったこれだけを混ぜて捏ねるだけ!

ねかし?もなし!

img_0713

生地を2等分してラップしておけば、焼きたてが食べられる!

これは良い!

すんごい簡単で生地もくっつかず、伸ばすのも簡単

フライパンで素焼きにして

出来上がり

img_0714

今回の方が美味い!

前回のレシピってこんなにややこしかったのにい

薄力粉 100g
強力粉 100g
コーンスターチ 20g
ベーキングパウダー 小さじ2/3
塩 小さじ2/3
砂糖 小さじ1と1/3
オリーブオイル 大さじ2
お湯 130cc

粉を良く混ぜて、湯とオリーブオイルを混ぜたものを加えてこねて・・・ねかして・・・

今回のやり方の方が簡単で美味いやんけ!

うーーん、もっと上手い方法があると思うなあ

クレープ焼くみたいに作ってもいいんじゃないかなあ?

などと思案中!

 

トルティーヤでピザ

以前に記事にした粉から作ったトルティーヤ

冷凍保存しておいたものでピザ風にしてみた

IMG_0176

トルティーヤが固いと思ったので、霧吹きで水分を加えた

適当に具を乗せて、チーズを乗せて、フライパンで蓋をして蒸し焼きにした

めっちゃ適当に作ったけど、オレガノを加えることで、ピザの味になる

でも、やっぱりトルティーヤが固い

トルティーヤについては研究を要す!

 

トルティーヤを焼いた

とうとうやってしもた

トルティーヤを粉から作ってしもた

レシピ

ネットにいくらでもレシピはあるが、何のためにそれを加えるのか?といった説明はほとんどない

強力粉で作るものや薄力粉で作るもの

本格的なトウモロコシ粉で作るものもある

発酵させるもの、させないもの

色々迷ったが、こんな感じでいってみた

薄力粉 100g
強力粉 100g
コーンスターチ 20g
ベーキングパウダー 小さじ2/3
塩 小さじ2/3
砂糖 小さじ1と1/3
オリーブオイル 大さじ2
お湯 130cc

捏ねて

粉を良く混ぜて、湯とオリーブオイルを混ぜたものを加えてこねた

IMG_0058

ねかす

IMG_0063

1時間くらい放置した

丸くのばして焼いた

全量を8等分して薄くのばした

クッキングペーパーに打ち粉をして麺棒でのばす

丸くのばすのはたいへん難しく、面白い

あとで考えたら、別に円形である必要はないんじゃないかなあ?

IMG_0066

作りながら、焼きたてをかじる

めっちゃ美味い!

これでカレー食べたい!

これはハマりそうだな

タンドリーチキン?

今日は鶏もも肉を、ヨーグルト、ケチャップ、カレー粉、ちょっぴりのおろしにんにくで漬け込み

フライパンで焼いたものをはさんだ

IMG_0068

チキン、キャベツ、キュウリ、トマト、マヨネーズを少し

出来上がり

IMG_0072

焼きたて美味し

でもね

もちもちしていていいんだけど、ちょっと噛みごたえがありすぎかなあ?

薄力粉の分量を多くする?とか、捏ねる湯の温度なども影響するのだそう

研究は続く?のかな?

製作後記

この時、作りながらかじったりで、結局2枚食べて

お腹いーーっぱいになったのだが

しばらくすると、すうっとお腹が減っていった

いらんもの?が入ってないというのは素晴らしいことなんだね

 

ピタパン

トルティーヤ研究のためのステップである

ピタパンを買ってみた

IMG_0022

ピタパンは普通に小麦粉で作るらしい

ピタパンは本来は無発酵の平焼きパンであったが、現在はふくらせるために発酵させているものもあるようだ

トルティーヤは基本、無発酵

ピタパンはトルティーヤよりも厚めに作って高温のオーブンで一気に焼き上げることで膨らませる

大きく膨らんで焼き上がると中がポケット状の空洞になり

そこに色々な具を入れて食べるというわけだ

IMG_0025

スライスチーズ、チキン、トマト、キャベツをケチャップ、マヨネーズで味付けした

うん、これもいいい

袋状になっていることで、ソースで手が汚れることが防げる

ちょっと分厚いので、重く感じる

ピタパンより少しパリパリ目!に焼いた方がいいいかも?

中の具も濃いめに味付けた方がいいかも?と感じた

つまりは軽さがトルティーヤの魅力なのかも知れないな

研究は着々と進んでおります

 

トルティーヤ

トルティーヤの本来は、すり潰したトウモロコシから作る薄焼きパン

メキシコ、アメリカ合衆国南西部および中央アメリカの伝統的な食べものだそう

現代では、小麦粉から作られた同様のものもトルティーヤとされているらしい

また、別の分け方であるが、そういった薄焼きパン等で具を巻いたものを「ラップサンド」と呼ぶようだ

私はごく最近「トルティーヤ」なるものの存在を知り、食べてみたいと思っていた

とある「打ち合わせ」で行ったスタバで発見!

Root Vegetables & Chicken

IMG_0677

サラダラップ

IMG_0679

友近氏のギャグ、西尾一男風に言うと

「ごぼうとかしわの野菜巻きサンド」やね〜

はい、それで段取りさせてもらいます〜

で、

これ、いけます。美味いです

フラワートルティーヤ

小麦粉で作ったトルティーアの意

トルティーヤの皮?も最近ではスーパー等で売っているのだそう

自分で作る(フライパンで焼く)こともできるのだそう

いずれかの方法で自分で作ってみたいなあ