「寿司」タグアーカイブ

バッテラ(鯖の棒寿司)3

再びバッテラなのだ!

研究は進んでいるぜ!

真鯖

ごま鯖より真鯖がよい

日本料理店「分とく山」(わけとくやま)の総料理長、野﨑洋光氏の方法

三枚におろして砂糖をたっぷり

ここでは皮をつけたまま

小骨もここではとらない方が良い(味がしみすぎる)

IMG_2199

甘くならないのでたっぷりの砂糖、40分放置

40分後

めっちゃ吸水して飴みたいになる

IMG_2201

砂糖を水で洗い流して水気を拭いたら

次に塩をたっぷり

IMG_2202

先に砂糖をしておくと、塩が入りにくいからたっぷりの塩をして

1時間30分放置

1時間30分後

砂糖で充分に吸水され、塩ではあまり水分は出ない

IMG_2205

塩を水で洗い流して水気を拭いたら

酢に漬ける

ジップロックに入れて浸かるくらいの酢を加えた

前回は酢に漬ける時間が20分で「もうちょっと〆てもいいな」と思ったので

今日は30分にした

長く漬けると固くなる!から気をつけてね

 今回の特別ルール

酢に漬けて30分経過した鯖は、引き上げたらペーパーに包んでラップをして

2日間、冷蔵庫で寝かせた

2日後、酢飯と合わせてから冷蔵庫でない冷暗所でさらに2日間寝かせた

 つまりは4日後!

出来上がり

IMG_2270

今回はごはんたっぷりで

上部に見えるのは、おぼろ昆布

胡麻を少し入れてみた

白板昆布(しろいたこんぶ)

鯖寿司に巻く薄い昆布、白板昆布が欲しくなった

ネットで調べると100枚単位で売られるのが普通のようだ

バッテラ100本作るのはしんどいな

10枚というのは見つけたが、結構高価な上に送料もかかる

で、乾物店やら百貨店なども回ったが見つからなかった

仕方がない

おぼろ昆布

とろろ昆布ではありません

おぼろ昆布を鯖に巻いて鯖寿司を作ってみた

うん、悪くない

おぼろ昆布を削った最終形が白板昆布であるから、大きくは間違っていないが

食べるときに手がよごれる(それは手づかみで食べるからだ)

わっはっはっはー

閑話休題

赤いエビちゃんの動画をリクエスト頂いた

BGMを付けてみたでござる

面白いぞお

最後までありがとうございました

 

バッテラ(鯖の棒寿司)2

前回、めっちゃ美味かったから再びバッテラ!

前回は現実逃避であったが、今回はじっくりやるぜ

真鯖

でかいぞ!

IMG_1874

今回は日本料理店「分とく山」(わけとくやま)の総料理長、野﨑洋光氏のやり方で行ってみる

なんと、砂糖を使うのだが・・・

ネットで調べると、砂糖を使ったしめ方は多くあるようだ

三枚におろして砂糖をたっぷり

白糖がなくて、三温糖を使った

大丈夫かな

ここでは皮をつけたまま

小骨もここではとらない方が良いとのこと(味がしみすぎる)

IMG_1881

砂糖をしいた皿におろした鯖を乗せて上からもたっぷりの砂糖をまぶした

甘くならないから心配するな!とのこと

この状態で40分放置

40分後

めっちゃ吸水して飴みたいになってる

IMG_1883

砂糖を水で洗い流して水気を拭いたら

塩をたっぷり

先に砂糖をしておくと、塩が入りにくいからたっぷりの塩をして良いとのこと

IMG_1886

1時間30分放置

1時間30分後

砂糖で吸水されたからか、思ったより水分出ていない

写真では見えにくいが、皿には水がたまっている

IMG_1890

塩を水で洗い流して水気を拭いたら

酢に漬ける

適当なバットを持ち合わせてないので、ジップロックに入れて浸かるくらいの酢を加えた

IMG_1892

昆布はオリジナルのアディショナル

鯖寿司を巻くため

この状態で時々返して20分

長く漬けると固くなる!とのこと

20分後

できたて、まだ皮をひいていない状態

IMG_1893

皮は簡単に剥がせる

小骨を丁寧にとる

鯖寿司にする

巻きすにラップをしいて、酢飯を乗せ、昆布を巻いてきつくラップをする

IMG_1899

この状態で1日放置した

そして次の日

出来上がり

IMG_1942

今回は酒のあてにもできるように、ご飯を小さく作った

うわあ、しーーっとり

柔らかくてめっちゃ美味い

砂糖の甘さは入っていない

すごいしっとり

うんまーーーい!大成功!

実は切り落としで

実は昨日、できたてのしめ鯖、しっぽの方の切り落とした身で「鯖の握り」を作った

IMG_1898

ぱくりっ!

うふふふふ

閑話休題

ご心配いただいておりますエビちゃん

まだ産まれませぬ

IMG_1910

最後までありがとうございました

 

八嶋の想い出

写真はしめ鯖

昨日のバッテラの副産物?

しめ鯖も美味かったー

img_1474

八嶋の想い出

昨日の記事を書いていて、また小さな頃の想い出がよみがえった

昨日の記事の寿司屋「八嶋」であるが、父に良く連れて行ってもらった

それもなぜか私一人だけ

まだ小学校低学年だった私には見るものすべてが新しく楽しかった

メニューなどないし、カウンターに座って注文することもたいへん難しかったし

カウンターの一段高いところとはいえ、食べるものを皿などを使わず、直に置くことも新鮮

それを手づかみで食べることにも驚いた覚えがある

八嶋の店主である職人を父は「せいやん」と呼んでいた

せいやんはどちらかというと無口な職人気質な男性であったと記憶するが、私には優しく接してくれた

私はまだ幼く、魚の味などは到底分らなかったので、イカとエビを交互に注文した覚えがある

それも「甘いタレ」を塗ってもらって食べた

そんな大きな握りではなかったが、私が食べにくそうにしていたら、せいやんは包丁で2つに切ってくれたりもした

私がイカとエビだけを、それも甘いタレで食べていたものだから、

父は「そんなタレがええねんやったら、握り飯にタレ塗ってもろたらええんちゃうか」などと言ったのだが

せいやんは「握り飯とはちゃうやんなあ」と私の味方をしてくれた

ある時、せいやんがトコブシを煮ていた

その頃の私にはそれがトコブシであることなど、分るわけがなかったが、

あわびのちっちゃいのが醤油で味付けられている、その美味そうな匂いがたまらなかった

父にこそっと「あれが食べてみたい」と頼んだ

いつもの父なら「自分で言え」と言う場面だったと思うが、その時の父は

「せいやん、こいつが『それ』食べてみたい言うとんねんけど、それ、明日の仕込みか何かであかんやんなあ?」

背中で聞いていたせいやん、鍋の中のトコブシをひとつつまむと、くるっと振り向いて、私の前に置いてくれた

カウンター上部に直に置かれた美味そうな「トコブシ」

「よかったな」と笑う父

背中のまま、仕事を続けるせいやん

今思うと映画みたいだった

その後

私が東京に出て来てしばらくしてからだと思う

大阪に行く機会があったときに「八嶋」を探しに行った

幼い時の想い出だったので、場所もうろ覚えであったが・・

「八嶋」は跡形もなく、都市開発でその「ガード下」一帯が消滅してしまっていた

せいやん、「大きくなったら浅丘ルリ子みたいな彼女を連れて食べに来てくれ」って言ってたなあ

なんだか胸が熱くなった

img_1470

バッテラ(鯖の棒寿司)

大きな真鯖(まさば)を釣り上げた(近くのスーパーで)

しめ鯖にしたら美味いだろうなあ

いろいろ考えてたら、バッテラが食べたくなった

忙しいのに、完全に現実逃避だ

真鯖

img_14561

でかいぞ

美味そう

三枚におろして塩をして1時間放置

img_1458

その後、塩を洗い流して・・

水分拭き取ったら

ジプロックに入れて酢でしめた

昆布も入れて冷蔵庫で1時間

酢飯と合体させて、昆布を巻いて巻すで固く巻いて、さらに放置

でき上がり

img_1470

うわあ

めっちゃ美味い

鯖寿司ってこんな美味かったんだー

で、思い出したことがある

思い出話

またまた子供の頃の話

大阪難波にオトンの行きつけの寿司屋があった

高級店ではなく、ガード下みたいなところにある小さな店で「八嶋」という屋号だった

カウンターのみで客が7〜8人も入れば満員

八嶋の「バッテラ」をオトンが時々「みやげ」に買って来てくれた

分厚い鯖が格別に美味かった

ある時、オカンがその「八嶋のバッテラ」を目標に、自分も作ってみたい、と挑戦した

市場の魚屋に「バッテラ作るのにええ鯖入ったら、教えてや」と声をかけておいたようだ

その日、夕食に「バッテラ」が出た

オニンも私も正直に「八嶋の方が美味い」と言ったと思う

当たり前、相手は本物の寿司職人なのだから当然なのだが子供は正直で残酷だ

オカンは意地になって挑戦し続け、2〜3回でどんどんと美味くなっていったと記憶する

ある日、私はオカンに「木の芽を入れないで欲しい、ゴマも少し控えめにして欲しい」と頼んだ

オカンが「よっしゃー」と言ったかどうかは分らないが・・

そしてある日の「バッテラ」は木の芽が入ってなくて、ゴマも控えめだったと思う

めっちゃ美味くて、オニンも私もびっくりした

二人で「オカン、八嶋超えた!」と絶賛した(これ、ホント)

オカンの反応は覚えてないけど、オカン、うれしかっただろうなあ

あの日のオカンのバッテラ目指して、また作ろっと

 

早川光の最高に旨い寿司

食に関連した番組は好きだ

好んで観る料理番組もあるし、「酒場放浪記」は女性版も含めて留守録して観ている

またまたこんな番組を見つけてしまった

やれやれ・・・

早川光の最高に旨い寿司

12-06

BS12 日曜15:00〜

番組の内容は

早川光という知らないおじさんが、寿司屋を訪れ、

おまかせで寿司を10貫頼み、

もう一度食べたい1貫を追加注文する

という単純明快なもの

文章にすると「それのどこがおもろいねん?」だ

でも、寿司という食文化の奥深さ?を教えてくれるような気がして観てしまう

番組概要

四季を映すとびきりの魚、それに寄り添うシャリが恋しい・・・

私たちが愛してやまな い寿司は、江戸時代に開花し、四方を海に囲まれ、稲作・発酵文化が進んでいた日本だからこそ生まれ得た食文化です。

産地・旬にこだわった”極上の素材” と、経験を積んだ職人による”熟練の技”。

これらが合わさることで、その旨さは何倍、何十倍にも膨れ上がります。

そんな寿司の醍醐味をとことん味わい尽くし、寿司を食文化として捉えた情報番組。

hikari3

おひとり鮨

q3nf70zwuu1j

早川氏は漫画の原作も多くされているようだ

こちらで読めます

http://www.funwarijump.jp/manga/gohoubi

 

鯵のにぎり寿司

見たまんま、鯵のにぎり寿司だ

鯵をさばいたら、すごくいい感じで(何がいい感じ?)

急に、にぎり寿司にしたくなった(なんでやねん?)

なので「ミツカンのすし酢(昆布だし)」をご飯に振りかけて酢飯を作った

鯵のにぎり寿司

IMG_0430

鯵はおろししょうがもいいけど、私はわさびがいいなあ

自分でにぎって自分で食べる

捌きたての鯵は格別

食べたい時が美味いとき!だし!

難しく考えない

寿司をにぎるのもすごく面白い

ネットにも動画が多くあるので、それを観て練習するのもいいと思うが

難しく考えずにやってみることをおすすめする

あらかじめシャリを軽く丸めておくと上手くいく

強くにぎらないこと

手水を付け過ぎないこと

が、ポイントかなあ?