「鶏肉」タグアーカイブ

手羽先のやわらか炒め02

先日作った手羽先のやわらか炒め(というか、やわらか煮かな)が美味かったので再びの巻

今日は豆板醤を加えてみた

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置した

(先日は15分加熱で柔らかすぎると感じたので10分加熱にした)

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液に豆板醤を少し加え、そこに茹で上った手羽先を漬け込んで10分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

出来上がり

img_1115

うわーーーー

豆板醤!やるなーーー

ピリッとめっちゃ美味ーい

ビールがめっっちゃすすみまっす!

ばくばく食えるし、ごくごく飲んでしまう!

白髪ネギも合う!

次回は切り落とした羽根もいっしょに炒めよおっと

もーーっと食べたいもん

 

鶏もも肉の皮パリパリ焼き03

鶏もも肉の皮パリパリ焼き、生わさびソース

7月13日に記事にした鶏もも肉の皮パリパリ焼きは焼いただけ

7月26日に記事にした鶏もも肉の皮パリパリ焼きはそのソースバージョン

今日のは「わさびソース」で仕上げる

先日の生わさびの残りが冷凍保存してあったのでそれを使ってしまおう!

皮をパリパリに焼き上げる方法

鶏もも肉の皮をパリパリに焼き上げる最適な方法が分った

ポイント1:フライパンはコールドスタートでOKすること、決して強火にしないこと、もちろん蓋はしない

ポイント2:皮目からじっくり焼くこと(当たり前)

ポイント3:皮目がフライパンの面にしっかり触れるようにすること(ターナーなどで軽く押さえるなど工夫)

ポイント4:重要!焼き始めに出て来る油や水分をペーパーなどで拭き取ること!

ポイント5:B面も同様にして焼いたら最後にもう一度A面を軽く焼いてパリパリに仕上げる

今日の作り方

もも肉は丁寧に脂を取り除いておいた

筋も切っておいた方がいいと思う

フライパンに少量の油を入れ、ニンニクのスライスを炒めた

一旦火からおろし、ニンニクを取り出したら、そのフライパンに!塩を振り、そこに鶏もも肉を皮目から投入

上記の「皮をパリパリに焼き上げる方法」で焼く

鶏もも肉の皮パリパリ焼き、生わさびソース

img_0987

生わさびを細かいおろし金でおろし、マヨネーズとレモンで調味してソースにした

ニンニクチップを添えて

生わさびソース美味い!

 

手羽先のやわらか炒め

すっかり秋だなあ

ビールがますます美味い

「手羽先のトロトロ煮」も大好きなのだが、今日はビールにバチコン!と合う手羽先を食べたい

そして今日は、さらに手っ取り早く!圧力鍋を使った

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割した

圧力鍋に手羽先と(切り落とした羽根部分も)ひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから15分加熱、その後15分放置した

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液を作り、そこに茹で上った手羽先を漬け込んで5分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

出来上がり

img_0995

かぶりつくとお肉がホロホロとくずれる

めっちゃ柔らかい!

ちょっと柔らかすぎるくらいなので、圧力鍋10分加熱くらいでも丁度いいかも知れない

七味をはらりと散らしたりするとたまらんぜよ

ばくばく食える、ごくごくビールが進む

めっちゃ美味い!

あ、ご飯でも食べたい!

マスター、あとでご飯ちょうだい!

ご飯にこのタレかけて↗

 

鶏もも肉の皮パリパリ焼き02

7月13日に記事にした鶏もも肉の皮パリパリ焼き

予告どおりソースバージョンを紹介する

焼くところまでは前と同じだが

作り方

もも肉は丁寧に脂を取り除いておく

皮は残し、脂は極力除く

筋も切っておくこと

フライパンに少量の油を入れ、ニンニクのスライスを炒める

ニンニクを取り出したら、そのフライパンに!塩を振り、そこに鶏もも肉を皮目から投入

弱火〜中火で焼く

その時、皮がパリパリし仕上がるようにターナーなどで少しもも肉をフライパンに押し付けるようにする

両面上手く焼いたら取り出して

そのフライパンでソースを作るが、余分な油があったらこの時点で少し減らすなり、調整しておく

フライパンを加熱しながら、酒、みりんを投入すると大きな火が上がる(気を付けられたし!)

味をみながら、醤油+焼き肉のタレを少し加えて、フライパンの底についた「うまみ?」を溶かすようにこそげてソースを作る

出来上がり

IMG_0387

皮、パリッパリだぜい!

肉の底辺にソースをつけて、白いご飯にワンバウンドさせて頂く

タレがついたご飯がまた美味いんだ!

これもご飯、わっさわっさいけます

 

鶏もも肉の皮パリパリ焼き

ただ、鶏もも肉をフライパンで焼いただけ!

なのだが、これはなかなか奥が深いというか、美味く作るのには工夫が必要な料理である気がする

いろんな作り方

いろんな方法があるようで、ネットでググるとレシピがいーっぱい出て来る

油無しの方法とか、油多めの方法とか

肉にあらかじめ味をつけておく方法やら、そうでない方法やら

焼く肉に鍋などで重石をの乗せる方法などもある

色々試してみた

皮をパリパリに仕上げたいのだが、なかなかこれが難しい

出来上がりはパリパリなのだが、すぐにふんにゃりしたり

粉を振ったりも試してみたが

その中で、一応の私なりの結論を出した

作り方

もも肉は丁寧に脂を取り除いておく

皮が美味しいので皮は残し、皮に付いた脂は極力除く

肉の中にも(2カ所)脂が溜まっているところがあり、取り除いた方が美味い

筋も切っておくこと

フライパンに少量の油を入れ。ニンニクのスライスを焦がさないように炒める

ニンニクを取り出したら、そのフライパンに!塩を振り、そこに鶏もも肉を皮目から投入

弱火で丁寧に炒めるが、その時、均一に火が通るようにターナーなどで少しもも肉をフライパンに押し付けるようにする

一度ひっくり返してB面を焼き(B面も少し押し付けて)

8分どおり焼けたらもう一度ひっくり返してA面をパリパリに仕上げる

出来上がり

IMG_9814

皮パリパリで中はじゅわー!

熱々を切ると肉汁が全部出てしまうので、そのまま皿にサーブして食卓でナイフで切りながら食べるのがいいかも知れない

お気に入りの塩と先程作ったニンニクチップで頂く

今日は塩で頂いたが、フライパンに残ったこごり?でソースを作る方法も開発中である

近日公開予定乞御期待

 

鶏のカシューナッツ炒め

大好きなメニューなのに紹介してなかったな

すごく簡単でご飯にもお酒にもすごく美味いよ

いろんな作り方がある

鶏肉をあらかじめたれにつけ込んでおいたり

片栗粉をまぶしたり

鶏肉やカシューナッツを素揚げにしたり

赤ピーマンやタマネギ、赤唐辛子を加えるレシピもある

最も簡単に作る

鶏もも肉は脂の部分を取って一口大に切る

ピーマンは種を取って適当な大きさに切る。内側のペラペラしたところも丁寧に取った方が美味い

ニンニク.しょうがのみじん切り、ネギ、豆板醤を炒めて香りを出す

鶏肉とカシューナッツを加えて塩コショウ

カシューナッツは色づくくらいに炒めた方が美味い

鶏肉の片面が香ばしく焼けたら裏返して、8分通り火が通ったところでピーマンを投入

オイスターソース、少量の醤油で味を付ける

出来上がり

IMG_9392

ピーマンを決して加熱し過ぎないこと

しゃきっとした甘いピーマンが美味い

ちょっと濃いめ!が美味いかも?

ご飯のおかずで甘いのが好みなら少し砂糖を入れても美味いし、

片栗粉でとろみをつけるのもいいし、ごま油で仕上げるのもいい

「カシューナッツ炒め」なんて聞くと大物っぽいけど、簡単で美味いよ

「カシューナッツと鶏肉を一緒に炒めよう」と一番初めに思いついた人は偉いなあーって思う

 

鶏ケチャップ炒めのサンドイッチ

ケチャップの話が続いてしまったが・・

ケチャの可能性を高めるべく、こんなサンドイッチを作ってみた

今日はこのケチャップで

IMG_8957

頂き物のケチャップ

なめてみると、いつも使っているカゴメに比べて、少し甘く感じる

美味い

IMG_8962

たいていのケチャップが「ブドウ糖果糖液糖」が加えられているのに対し、こちらの商品は「砂糖」となっている

やっぱ砂糖の方が美味しいんだよなあ

鶏胸肉

以前に、とあるTV番組で鶏の胸肉のカットの仕方を説明していた

鶏の胸肉は筋肉の繊維の方向によって3つのパーツに分けることができる

3つのパーツに分けて、各パーツの筋肉繊維を直角にスライスすることで柔らかくジューシーにできる

やってみたらいい感じなので、それ以来、そのように心がけている

鶏胸肉のケチャップ炒め

上記の方法でスライスした胸肉を少量の塩コショウで炒め、その後、ケチャップを加えた

ほんの少し、隠し味程度にカレー粉を加えて仕上げた

焦げ付かないように、ちょっと水を加えたよ

サンドイッチ

今日のパンは焼きたての食パンをかたまりで買って来て、自分でカットした

だからちょっと歪んでいる

IMG_8948

いつものように食パンは軽くトースト

こっち側はスライスしたトマト

あっち側はスライスチーズ

鶏胸肉のケチャップ炒め

IMG_8949

キャベツ

IMG_8951

たっぷりキャベツを乗せたら、マヨで味付け

出来上がり

スライスチーズ側のパンを乗せたら、ぎゅっとプレス

ひっくり返して4分の1にカットした

IMG_8956

焼きたての食パンなので柔らかい

キャベツが多すぎてちょっと崩れた

ケチャップって加熱すると甘くなるね

酸味が飛んで、そう感じるのかも知れない

ちょっぴりカレー風味も大成功

美味い!

ケチャの可能性が広がるぜい

 

鶏肉ミートソースのパスタ

鶏肉でトマトミートソースを作った

鶏胸肉、玉葱をフードプロセッサーで砕いた

玉葱を少量の塩を加えて丁寧に炒めた

鶏胸肉を加えて炒めた後、とまと缶を加えて加熱した

得意の「茅乃舎(かやのや)の野菜だし」の中身を1パックの半分くらい加えた

パルメザンチーズが欠品していたのでクリームチーズKiriをちょっぴり入れ、塩コショウで味付け

Kiriが良かったのかな

すごくいい感じ まろやかあ

IMG_8882

パスタを湯がいて

作ったソースで和えた

ゆで汁で調整しながらフライパンで少々加熱

塩コショウ、昆布茶で味を整えた

昆布茶はパスタにすんばらしいパンチを加えてくれるよ

仕事の外出前だったのでニンニクは加えなかった

残念!

ごちそうさまでした

行って来まーーす

 

 

鶏の味噌漬けのサンドイッチ

鶏の味噌漬け

鶏の胸肉を味噌漬けにした

あるTV番組で鶏の胸肉のカットの仕方を説明していて

その方法

鶏の胸肉は筋肉の繊維の方向によって3つのパーツに分けることができる

3つのパーツに分けて、各パーツの筋肉繊維を直角にスライスすることで柔らかくジューシーにできる

やってみたらなかなかの良い方法

今まで包丁の背でしばいたりしていたのは間違いだったと反省

味噌漬けの作り方

鶏の胸肉、無駄な脂などを掃除して筋肉繊維の方向によって3つのパーツに切り分ける

ジップロックに胸肉とつけ込む味噌を入れて揉んだ後、冷蔵庫で12時間以上ねかせる

つけ込んだ味噌はきれいに取り除いて、フライパンで超弱火でゆっくりと焼く

焼いた後も少し寝かしてから筋肉に垂直にスライスする

鶏の味噌漬けのサンドイッチ

IMG_8648

いつものように食パンは軽くトースト

こっち側に粒からし

あっち側はスライスチーズ

味噌漬けスライス

IMG_8649

鶏の味噌漬けのスライスを並べて

レタス

IMG_8651

レタスをたっぷりと

マヨ

IMG_8652

マヨネーズで味付け

出来上がり

IMG_8655

ぎゅうっとプレスしてアップサイドダウン

4分の1にカットしたのだが、形が崩れた

味噌漬けに本の少しケチャップ塗って、糊の代わりにすればよかったのかも?

美味しく頂きました

和風味のサンドイッチも美味いよね

しかしながらこの胸肉のカットの仕方は「目からうろこ」であった

すごく柔らかくいただけます

 

 

タンドリーチキン

タンドリーチキンのめっちゃ簡易な作り方

本格的なタンドリーチキンとは違うと思うが

なかなか美味い、というか、かなり美味い

作り方

鶏もも肉は余分な脂肪や皮を取り除いて筋切りをし、適当な大きさに切る

塩コショウをしてちょっと寝かせる

ビニール袋などにその鶏肉を入れ、

にんにくのすりおろし、しょうがのすりおろし、ケチャップ、カレー粉、プレーンヨーグルトを加えてもむ

1時間くらい放置

グリルで焼いた

IMG_8047

カレー粉がちょっと多かったかも知れない

レモン汁で調味

ちょっと塩分が足りなかったので、塩コショウで味を整えた

めっちゃ美味ーーーい

大成功

これはビールだな