明けましておめでとうございます

今年もよろしくです

皆様のおかげをもちまして、

ほぼ毎日?

あーだ、こーだ、と、ガックラの更新を続けられております

わけのわからないマニアックな内容にも

「大きな心」でお付き合いいただき、ありがとうございます

昨年は「Wonder Rainbow Factory」にも、心温かいご声援ありがとうございました

今年もますます頑張って行きたいと思います

どうぞ本年もよろしくお願いします

 

9工場の一番搾り飲みくらべセット

見つけたなりーー

コロ助か☆θ_(・_・  )

売ってたなり

9工場の一番搾り飲みくらべセット

やったね

「づくり」9本と「レギュラー」3本

ゆっくり楽しんで飲む

サービスしておくね

冬季限定醸造

缶パッケージも変えてある様子

味も違うのかな?

また記事にして報告する!

うふふふ

 

鶏レバーのオイスターソース炒め

内臓肉を好んでいる

なかでも、レバーが好きで、特に鶏レバーが好きかもしれない

これまでにも、「鶏レバーのパテ」やら、

「鶏レバーのレアステーキ」などを記事にしたが、

一番簡単で、一番美味いレバーのレシピを紹介したい

鶏レバーのオイスターソース炒め

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

水で洗って血抜きをする(3〜5分くらい水につけても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、塩焼きにすると美味い(鍋物に入れて1分加熱も美味いな)

フライパンに少量の油を入れてニンニクのみじん切りとほんの少しの豆板醤を炒め(豆板醬省略可)

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒める

ちょっぴり塩コショウ

決して強火にしないことと、加熱しすぎないこと

仕上げに少しのミリンとオイスターソースを絡めて

うりゃっとあおれば

出来上がり

ビールでもワインでも、焼酎でもいける

もちろんご飯もいけるぜ(ご飯の場合は最後にちょっと醤油も加えるかなあ)

ちゃんと加熱するべきだと思うが、レバーの中心部が少しピンクぐらいの方が美味いぞ

また買って来た

限定品のこれ、大好きなんだ

これで、正月も安心だ

 

秋月ヘッドホンアンプの製作

先日の記事で書いたヘッドホンアンプの基板を使って

ヘッドホンアンプを製作した

商品ページはこちら

回路図

入力のC3.C5.は、ニチコンFG10u/50V

出力のC4.C6.は、パナソニックのOS-CON470u/16V

電源のC1.C2.は、ルビコンPK 470u/25V

抵抗は手持ちの汎用品を使った

こんな感じでラックケースに入れてみた

両電源の電圧をチェックしてから、オペアンプをICソケットに装着

安物のイヤホンで音を確かめて・・・

音はすぐに出たが、モノラルの低位の安定しない変な音

凡ミス!!

ヘッドホン出力のアースが浮いてた・・

ああ、まだまだだな

ちゃんと音を確かめてから・・

説明書通りに出力の保護抵抗(R6,R10)を撤去、短絡

完成

CDプレーヤーをつないで聴くと、すごくいい感じでなってくれる

いわゆるChu-Moyタイプの簡単な回路であるが、普段のリスニングには全く問題ない

ノイズも無いので快適!

オペアンプを交換

説明書に記載の数種のオペアンプを差し替えて、サウンドチェックしてみた

NJM4580DD (秋月電気のデフォルト)参考価格25-

たいへん良く鳴っていると思う。十分良い音だが、ちょっとおとなしいか 電源ON時の「ボツっ」ノイズがでかい

NJM4558DD 参考価格25-

思ったより良い。くっきりしている。電源ON時のノイズは4580より小さい

NJM2114DD 参考価格100-

ダイナミック。これ、好きかもしれない。電源ON時のノイズ小さい

NJM5532DD 参考価格100-

すごくおとなしい 電源ON時のノイズはほとんどない

NE5532P 参考価格80-

上のNJM5532DDと同様におとなしい 電源ON時のノイズはほとんどない

NJM2043DD 参考価格70-

軽快!ちょっと軽すぎるか?電源ON時のノイズはほとんどない

MUSES8820 参考価格400-

音に厚みがあっていいのだが、電源ON時の「ボツっ」ノイズがでかすぎて使う気にはなれない

MUSES8920 参考価格480-

上のMUSES8820を高音寄りにした感じ 電源ON時のノイズは、ほとんどない

OPA2134P 参考価格320-

ダイナミック 2114を低音寄りにした感じかな?電源ON時のノイズは、ほとんどない

LME49720NA 参考価格260-

めっちゃにぎやか! 個人的には、にぎやかすぎる 電源ON時のノイズは、ほとんどない

考察

保護抵抗(R6,R10)を撤去したことで、電源ON時のノイズが目立ってしまうのだと思われる

あと、5532と2043がおとなしいのは、入力インピーダンスの違いだろう

IC自体の性能が悪いからではないと思う

この回路では、電源ON時のノイズのことも考慮して、NJM2114DDOPA2134Pかなあ

すごくいい感じで鳴ってくれる!

追伸

この回路、電源で大きくサウンドが異なる

006P電池で、すごくいい音で鳴っているのに

市販のスイッチング電源だと思いっきりノイズが出てびっくり!

もちろん、ちゃんとしたアダプターを使えば、ちゃんと鳴ってくれるが。

ご留意されたし!

 

エレアコプリアンプ製作編06

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

第6話

本日はD.I.部分を作る

D.I.ボックス

「D.I.」とか「ダイレクトボックス」と呼ばれることが多いが

正式には「Direct Injection Box」

ライブやレコーディングの現場で使われる

楽器信号をプロ規格の「バランス転送」に変換してミキサー卓に直接送るための機材

バランス伝送

ほとんどの楽器出力や家庭のオーディオの信号はアンバランス伝送である

(今の若者はCDプレーヤーなどのオーディオを持っていないらしい)

芯線=+が1本、外側がアース=−が1本の普通のシールド線で送られる

が、プロの現場では芯線2本、HotとColdが1本ずつと外側がアースの3極で

キャノンタイプの金属製のコネクターで「バランス伝送」される

「D.I.」は、ハイインピーダンス、アンバランス信号をローインピーダンスのバランスに変換して送り出す機材である

そうすることによって、ノイズに強く、より良い安定したサウンドを提供できるだけでなく、

うっかり混入したノイズもキャンセルされて伝送される

すごいな「D.I.」

全体回路図

回路図から、右側「D.I.」部分のパターンを起こす

ICの足のピッチ(2.54mm)に合わせて縮小して・・

センターポンチで基板に転写?

前回の基板製作の経験から・・

IC部分だけは先に穴あけした

2.54mmユニバーサル基板を当てて、正確に!

大成功だと思う

パターンはなるべく太く

余った部分もアースべた塗り?に近い感じで「Zebra マッキーの青」を塗った

エッチング

すんごくうまくいった

だんだん上手になっていく

嬉しい

穴あけ

前回ドリル刃を2本も折ったから・・

慎重に

今回は0.9mmのドリルにした

いい感じ

今時、こんな面倒な作業を楽しんでいる人も少ないだろう

パソコンでパターン作って、海外の企業に発注するのが流行り?らしい

はんだ付け

ああ、楽しい

ちょっとご質問を頂いたので・・・

この「しましま」のビーズ、「抵抗」と言います

簡単に言うと、電気を「通しにくく」するパーツ

「しましま」の「カラーコード」で抵抗の大きさ「Ω(オーム)」が分かるようになっている

ベースの色も製品よって様々で、ブルーのやらピンクの色のやら、すごく可愛いのがある

独り言

パーツによって音は変わる

でも・・

ほとんどオカルトの世界に感じる

値段の高いパーツや、古く希少なパーツはビンテージ!などと呼ばれて、「いい音」と評価され

安いパーツは「ダメだ」とされることがほとんどだ

経験を積むうち「本当かなあ」と疑うようになった

ブラインドテストしたら、多分「違う結果」になるだろう

外国製の高価なパーツも使ってみたが、大して効果が無いばかりか

たいていの場合、日本製のパーツ方が安定した製品であると感じた

そして、もう、オカルトの世界からは卒業することにしたら、

すごく楽になったし

パーツ代が半額以下になった

だって・・・

1本60円のUSA製抵抗を使っていたこともあったが

先日買ってきたのは100本入りで300円の日本製

わっ、20分の1や!

全部日本製

きれいねーー

 

究極の卵かけご飯?

「究極のTKG(たまご・かけ・ごはん)」という家電?があるらしい

機械に殻のままの生卵をセットしてボタンを押すと

内部で卵を割り、黄身と白身を分け、

次の操作をすると白身のみを攪拌してメレンゲにしてくれて

黄身と白身のメレンゲを別々に取り出せるものらしい

ふーん、白身をメレンゲに・・・かあ

やってみた

究極の卵かけご飯?

メレンゲは泡立て器で地道に作った

そのメレンゲとご飯と混ぜ、上に黄身を乗せた

感想

これまで何度も卵ご飯を作って食べたけど・・(下のタグ「卵ご飯」クリックで一覧が出る)

究極ではないなあ

卵かけ御飯の作法は、前にも書いたが

1. 卵の黄身と白身は分ける

2. 黄身に醤油はかけない

3. 熱々のご飯と白身だけを混ぜる

の、この3か条に尽きる

メレンゲは必要ないというか、

白身の旨さが損なわれるように感じた

あくまでも個人の感想だが・・

 

MOWバニラ

Morinagaのアイスを攻めている

先日の「MOW宇治抹茶」でMOWをもう少し知りたくなった

MOWバニラ

プレミアムアイスクリームでも使われる

国産の脱脂濃縮乳やクリームといった液状乳原料を使用し、

濃厚でコクのあるミルクと

芳醇なバニラの香りが楽しめるバニラアイスです。

レポ

ファーストインプレッション

どこかで食べたことあるぞ・・・

あっ、新幹線のアイスだ!!

つまりは、優秀なバニラアイス!

美味い!

先日の宇治抹茶はアイスミルクだったけど、

これはアイスクリームなんだね

閑話休題

秋葉原買い物

年末のアキバはめっちゃ人人人!

それも中国人が多くてクラクラする

だって中国人は声が異様にでかいし、ぶつかって来るねんもん

電子パーツ屋にも中国人が進出していて・・・

狭い店内ででかい声で話して、こちらがパーツを探そうとしてるのに、どいてくれない

すまん、個人的な感想です

ヘッドホンアンプの基盤

こんな素晴らしいものが100円で売ってた

2枚買ってしまった

一つはヘッドホンアンプに

もう一つは・・壮大な計画?があるんだ!

それはまた記事にしたい

ちょっとはんだ付け

ちょっとお高いコンデンサーで作る

左側の紫色のコンデンサーが可愛いでしょ?

Panasonic(元はSANYO)のOS-CONと言います

製造中止ということもあり、使ってみた

ああ、楽しい

 

エレアコプリアンプ製作編05

昨日の記事の後、

基板の穴あけ作業をしたのだが・・・

8mmのドリル刃を2本も折ってしまった

トホホ、である

この「トホホ」は原田宗典氏がよく使っていて・・・

なんとなく真似ている

ドリル刃を2本も折ってしまったショックで写真を撮り忘れたが、

作業は半田付けに進み

ちょっと機嫌が良くなった

特に高価な部品は使っていない

上部、左右のIC(ソケット)がプリアンプ部

下部、左のIC(ソケット)がミキシング部でチューナーアウトになっている

ここまできて・・

パーツが不足してきた

入出力のコンデンサーについて、神の啓示があって・・

秋葉原に買い出しに行こうかなあ

楽しいぞお

 

エレアコプリアンプ製作編04

3話目からどんどん回路の変更があって・・

まだまだ変更がありそうだが・・

回路図

D.I部は大幅に回路を変更した

まだまだ変わりそうなのだが・・

ほぼ決まった、プリアンプ部から作り始めることにした

基板をカットする

アクリルカッターを新調したい

パキン

製作したパターンを貼り付けて

穴の位置にセンターポンチを打って

パターンを「Zebra マッキーの青」で描いた

エッチング

エッチング液をジップロックに入れて、そこに基板を入れる

ちょっと温めてやると

エッチング液(塩化第二鉄水溶液)で銅が溶けてしまう

除光液でマッキーを拭き取ると

パターンの出来上がり

次が穴あけの作業なのだが・・・

これが一番苦手かもしれない

下手な力が加わると0.8mmのドリル刃は、すぐに折れちゃうんだよなあ

今日はここまでにしておきます。

 

エビちゃん用点滴

数日前の記事で

エビちゃんのフィルターについて書いた

エビちゃんの水槽の調子が悪いので、色々と工夫している

題名は「エビちゃん用点滴」であるが、エビをベッドに寝かせて点滴を行うものではない

換水による水質変化を緩やかにすることで

換水直後の死亡事故を防ぐための工夫である

エビちゃん用点滴

ペットボトルを利用して作ってみた

ホースの先を洗濯バサミでつまんで調節し、

2リットルを30分くらいかけて「点滴みたい」に滴下する

「愛」だな、「愛」!

水質改善

水質改善の薬などは、星の数ほど売っているが・・

「あかん時」は何をやってもあかんし、

「ええ時」は何にもしないでも良い

まだまだ少ない経験値であるが、薬使ってロクなことはない

水草

スポンジフィルター導入と同時に、少し水草を増やしてみたが

そんな「いらんこと」したら、スネール(巻貝)が繁殖した

水草に卵がくっついていたものと思われる

早期に発見したこともあり、大繁殖の被害は免れているが

見つけたら一つづつ駆除するしか方法がない

すごく小さな巻貝を見つけた時は「愕然」とし、気持ち悪くてピンセットでつまむのも嫌だったが

それでは「ラチがあかん」ので素手で駆除できるようになった

「愛」だな、「愛」!

脱皮

脱ぎ散らかしている子もいるし、

だんだん調子が戻っている様子

よかったよかった

ツンツン、ツマツマは、エビちゃんの体調のバロメーター?

エビちゃん、早く元気になってね

 

歌とギターと・・・ガッコのホームページ