「レバー」タグアーカイブ

レバニラもやし

数日前にも書いたが

夏は肝が食べたくなるなあ

自分で言うのも何だが?・・

今日のレシピも秀悦!

レバニラもやし

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

(3〜5分くらい水につけて血抜きをしても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、

塩を振ってオーブントースターでホイル焼きにすると良い

フライパンに少量の油を入れてニンニクと生姜、ネギのみじん切り

ほんの少し豆板醤を加えて炒めた

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒めた

ちょっぴり塩コショウ

弱火でゆっくりと加熱

八分通り火が通ったら、少しのミリンとオイスターソースを絡めて煽り、いったん取り出しておく

そのフライパンでニラをささっと炒めて、また取り出す

またそのフライパンでもやしを炒める

(決して強火にしないこと、ゆっくりと加熱した方がシャキシャキする)

少し塩コショウ、創味シャンタンをちょっぴり

皿に、炒めたもやし、ニラを乗せたら、

取り出しておいたレバをフライパンに戻して(味を見て)

強火にしてごま油を小さじ1ほど加えて、

うりゃっと煽ったら

出来上がり

いったん取り出す作戦、大成功!

レバー、とろっとろ!

もやしシャキシャキ!

ニラの香り、抜群!

いくらでも食べられる

ご飯でもビールでも、ワインでも焼酎でも

こいつはたまりまセブンス!

 

夏は肝が食べたくなる?

毎日暑い日が続く

世間的には本日は「土用の丑の日」らしいが・・・

私は1年中、キモ好きであるのだが

夏は特に肝が食べたくなる気がする

鶏レバーのオイスターソース炒め

何度か紹介しているが・・・

再び!

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

(3〜5分くらい水につけて血抜きをしても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、塩焼きにすると美味い

フライパンに少量の油を入れてニンニクのみじん切りとほんの少しの豆板醤を炒め(豆板醬省略可)

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒める

ちょっぴり塩コショウ

決して強火にしないことと、加熱しすぎないこと

仕上げに少しのミリンとオイスターソースを絡めて

うりゃっとあおれば

出来上がり

ご飯もいいけど、ビールがたまりません

鶏砂肝の柔らか炒め

これも以前に記事にしているが

再び!

砂肝は、食べやすい大きさに切る

このやり方だと、今までのように銀皮を取る必要もなければ、隠し包丁の必要もない

圧力鍋に、砂肝とひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液に豆板醤を少し加え、そこに茹で上った砂肝を漬け込んで10分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰める

出来上がり

柔らかくて素敵!

白髪ネギがあればもっと良かったなあ

ああ、ビールが進む、ススム君

 

鶏レバーのオイスターソース炒め

内臓肉を好んでいる

なかでも、レバーが好きで、特に鶏レバーが好きかもしれない

これまでにも、「鶏レバーのパテ」やら、

「鶏レバーのレアステーキ」などを記事にしたが、

一番簡単で、一番美味いレバーのレシピを紹介したい

鶏レバーのオイスターソース炒め

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

水で洗って血抜きをする(3〜5分くらい水につけても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、塩焼きにすると美味い(鍋物に入れて1分加熱も美味いな)

フライパンに少量の油を入れてニンニクのみじん切りとほんの少しの豆板醤を炒め(豆板醬省略可)

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒める

ちょっぴり塩コショウ

決して強火にしないことと、加熱しすぎないこと

仕上げに少しのミリンとオイスターソースを絡めて

うりゃっとあおれば

出来上がり

ビールでもワインでも、焼酎でもいける

もちろんご飯もいけるぜ(ご飯の場合は最後にちょっと醤油も加えるかなあ)

ちゃんと加熱するべきだと思うが、レバーの中心部が少しピンクぐらいの方が美味いぞ

また買って来た

限定品のこれ、大好きなんだ

これで、正月も安心だ

 

豚レバー炒め

豚レバーがかたまりで売っていた

美味そうだし、安い

濃いめの味付けで食べよう!

レバにらとか、レバもやしもいいけど、今日は純レバーでいっとく

作り方

レバーはスライスした後、水に浸けて血抜きをした

水は何度も換える

塩水につける方法もあるが、長くつけると塩辛くなる

牛乳に漬けることには反対したい

血抜きした後、ペーパーなどで水気を取り

酒、コショウ、しょうゆ、ショウガ、ニンニクで下味をつけ、数分置いた

レバーをザルなどに上げて汁気を切ってから、表面にカタクリ粉をまぶして

フライパンでゆっくり炒めた

強火で加熱すると、固くなり、さらにイヤな匂いになるので、ゆっくり加熱すること

味を見て、醤油、みりん、オイスターソースで仕上げた

出来上がり

とろっとして美味い

オイスターではなくて、砂糖と酢で仕上げても良さそうだな

肝好きなもので・・・

ご飯でもビールでも・・・

 

レバーつながり??・・

日曜日のRizinのRena選手、

ボディブロー!

レバーへの連打!

すごかったなあ

 

鶏レバーのサンドイッチ

昨日の鶏レバーの残りでサンドイッチを作った

レバーは適当な大きさにスライスしてフライパンで軽く塩コショウして炒めた

味付けはケチャップと粒からし、ほんの少しトンカツソースを加えた

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

霧吹き(100均商品)でほーーんの少しだけミミ部分を中心に加湿すると格段に美味くなる

加湿機能が付いた高価なオーブントースターも存在するようだ

そんな高価な機械を購入しなくても100円霧吹きで、カリッと、ふわっ美味く焼ける

オーブントースターは余熱しておくこと

もっと細かいことを言うと(すごく細かい人だと思われちゃうなあ)・・・

食パンの下側(パンを型で焼いた時の底側、分るかなあ)がオーブントースターの奥になるように置く

さらに途中で一度パンをひっくり返すと、むらなく焼ける

トマト

IMG_8990

軽くトーストしたパンにスライスしたトマトを乗せる

あっち側はスライスチーズ

鶏レバー

IMG_8993

ああ、美味そう

キャベツ

IMG_8994

うーーー!

マヨが足りない

買っとくの忘れたーー

出来上がり

スライスチーズ側のパンを乗せてぎゅっとプレス

ひっくり返して4分割にカット

IMG_9000

レバー好きには素晴らしいビューですな

しかしながら、やっぱりマヨがちょっと足りなかった

で、ちょっとケチャをつけて美味しく頂きました

マヨとかケチャとかうるさくして、失礼致しました

 

鶏レバーのレアステーキ

生のレバーが食べたくなる時がある

牛肉の生食での事故があってから、法律がどんどん厳しくなってレバーの生食は専門店でも不可なのが現実

すごく新鮮そうな鶏レバーを買った

それも白レバーっぽい美味そうな部分がある

生で食べるのは危険だけれど、レアに仕上げてみよう

作り方

フライパンに少量の油を入れてニンニクのスライスを炒めた

ニンニクを取り出して、下処理したレバーをゆっくりと炒めた

焼き上がったら、スライスして塩コショウ

IMG_8983

焼き過ぎないように留意した

内部は赤いけれど、ゆっくり炒めたので温度は充分に上がっている(60〜70度まで上げておく必要があるらしい)

あははは

これは赤ワインだよ

注意

レバーは十分な加熱調理をする必要があります

良い子はマネをしないでね

でもね

すんげ美味い

 

鶏レバーのパテ

以前に「レバーペースト」という題名で記事にしている

その時は、某国営TVで放送された内容で作ったのだが、失礼ながら「こんなものか」という感想であった

メニュー名を変えてちゃんと作ることにした

鶏レバーのパテ

スーパーで「良さげな鶏レバー」を見つけた

パックの約半分がいわゆる「白レバー」で占められている

美味そうだ

よし「正しいレバーのパテ」を作ろう

作り方

ポイントはひとつ

茹でる温度を70〜80度くらいに保つ!

である

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

水につけて血抜きをする(5分くらいか)

長く水につけておくと栄養分までもが失われると思われる

塩水につけておくと良いとする意見もあり、試行錯誤されたし

蓋のできる保温性のある鍋に湯を沸かし、火を止めて

そこに切ったレバーを入れてグルグルッと回したら蓋をして、できればバスタオルなどにくるんで保温する

数分〜10分くらいででき上がる

本日はこの鍋にすり下ろすためのニンニクも塊で放り込んだ

レバーを触ってみてプリン!と弾力があればでき上がっている

分らなければ、切ってみればよい

温度が足りなければ少し加熱する(30秒くらい?)

レバーの中心温度が60度くらいになっていればOK

中心が少し赤いくらいの方が美味いので、新鮮なレバーで調理すること

固くなってしまうと美味くないし、高温にすると匂いが強くなるので充分に注意する

ざるに上げ、キッチンペーパーで水気を切ったらすり鉢ですりつぶす

おろしニンニク、粒マスタード、塩、コショウで調味すればよい

今日はあえてフードプロセッサーを使わなかった

次回は使ってみて比べるつもり

出来上がり

IMG_8825

今日のスペシャル

粒マスタードがほとんどなかったので・・・

風味付けにクリームチーズのKiriを少し加え、最後に牛乳で固さを調節した

これが大成功!

スペシャルな一品となった

美味い

ワイン

これはまちがいなくワインでしょう

ワインを切らしていて・・・

思わず赤ワインを買いに走りましたとさ

めっちゃうまーーい

 

レバーペーストのサンドイッチ

昨日のレバーペーストでサンドイッチを作った

トーストにパテ

IMG_8160

パンはいつものように軽くトースト

レバーペーストを塗った

反対側はスライスチーズ

これもいつも通り

ベーコン

IMG_8162

ベーコンを焼いて乗せた

 トマト

IMG_0486

スライスしたトマトとケチャップ

ケチャップ、ちょっと多かったかなあ

レタス

IMG_0497

レタスとちょっぴりマヨネーズ

出来上がり

IMG_8164

すごいな、これ

レバー好きには、たまらんぜよ

レバーペースト、こうやって食べると昨日より美味い

よくできました

レバーペースト

「鶏レバーのパテ」と言った方が美味しそうかな?

これまでは鶏レバーを「茹でて」作る方法を採用して来た

茹でる温度を70〜80度くらいに保つ!という難しさはあるものの、上手くできたときは感動する味になる

今日は先日、某国営TVで放送された内容でやってみた

材料
タマネギ(角切り)100g
鶏レバー 200g
ナメコ 100g
バター 15g
塩 3g
コショウ 適量
水 大さじ1
シェリービネガー(お好み) 適量

フライパンを温めバターが溶けたらタマネギを入れてきつね色になるまで炒める

レバーに火が通ったらナメコを入れて加熱し塩、コショウで味を調える

フードプロセッサーに入れて粉砕する

※ お好みでシェリービネガーを入れるとさらにおいしい
※ 冷蔵庫で5日ほど保存可能

というものだ

出来上がり

IMG_8152

フードプロセッサーにかけると、なめこのとろみ?がどんどん出て来て、とろっとろ、ふわふわになる

食べてみると、フワフワ感はたいへん良い

言われなければ「なめこ」が入っていることは絶対気付かないだろう

が、それ以上の感動はなかった

思い起こすと・・・

番組後半の料理実践のコーナーは駆け足だったけど、Y.まみちゃん、ノーコメントだったなあ

良かった点

茹でて作ったレバーパテはすぐに酸化、変色して味が落ちるが、このやり方ではそういった現象はほとんどなかった

レストランでも、美味いレバーパテに出会うことはそう簡単ではない

バターや生クリーム、ニンニクやその他の香辛料を入れ過ぎていて胸にもたれるようなものも経験して来た

そういう点ではこのレシピはさっくり軽くて美味いと思う

機会を見つけて「茹でる方法」も紹介する

乞うご期待!