「焼き飯」タグアーカイブ

ミックス炒飯

ものすごく久しぶりの焼き飯だ

いろんな具材をミックスしたので「ミックス焼き飯」でもいいのだが

「ミックス炒飯」の方が語呂がいいし、うまそうなので・・

ミックス炒飯

冷蔵庫にあったいろんなものを混ぜ込んだだけなのだが・・・

海老に少し塩をして、ソーセージ、玉ねぎ、ツナ、ちくわなどと

フライパンで炒めて、

ボールに入れて、ご飯、卵とミックス

隠し味にきゅうりのキューちゃんのみじん切り

全てをよく混ぜてフライパンで炒める

中火で、ゆっくりと加熱し、焼き目がつくたびにひっくり返す

混ぜすぎないように注意すること

今日は具材が多いので味付けは控えた

ほんの少しの創味シャンタンと砂糖

最後にフライパンのスペースを空けて、醤油をジュワンと垂らして

香りと味をつける

出来上がり

海老のゴロゴロがたまらん美味い

ツナもいい仕事する

ちくわって安い素材の中で一番秀悦だと思う

久しぶりの炒飯

美味いです

 

大根の葉っぱのぬか漬けの焼き飯

ぬか漬けにはまっていることは、すでに書いた

今日はそれをさらにディープに行こう

ぬか漬けで焼き飯?!

最近のスーパーで売られている大根は、ほとんどの場合、葉っぱが切り落とされている

鮮度を落とさないように切り取られてしまっているようだが

炒めて食べても美味しいし、

塩漬けにして、細かく刻んでご飯と混ぜ、「菜めし」にしても美味いんだよなあ

貧乏くさい?

いえいえ、本当にすっごく美味しいんだよ

で、スーパーで買った大根だけど、数センチ葉っぱの部分が付いていた

すぐにその部分をカットして「ぬか床」に放り込んだ

24時間ほど漬けたものを細かく刻んで、焼き飯にしようと思う

大根の葉っぱのぬか漬けの焼き飯

大根の葉っぱのぬか漬け、玉ねぎ、残り物のソーセージを全て、細かく刻んで炒めた

(水を出すためにほんの少し塩)

ボールにご飯、卵を割り入れ、炒めたものをさっくりと混ぜた

生のたらこも賞味期限が切れて、少し残っていたので刻んで入れた

干しエビも少し

フライパンで、混ぜすぎないように気をつけて炒めて

味を見て、創味シャンタンを少し

隠し味に砂糖を少し

最後に醤油をジョワン!と焦がして

出来上がり

和風しっとりチャーハン?

ぬか漬けって味が複雑なんだなあ

すごく美味いと思う

ぬか漬けも

どんどんグレードアップしていくぜ

はっはっはー

 

豚肉ソテーのレタス炒飯

これ、やばいです

豚肉

豚肉はステーキ用を使う

サーロインとか?リブロースとか?

ロインよりリブの方が高級とされているらしいが・・

適当な厚みの美味そうなヤツを選んで買った

先ずは豚肉のソテーを作って

それもラードチップで

豚肉の脂の部分を切り取って、コマ切れにする

それをフライパンでゆっくりと加熱し、出て来た油でニンニクのスライスを炒める

ニンニクとラードチップは焦げる前に取り出しておく

香りの移った油で豚肉をソテーする

少しだけ塩コショウした

加熱し過ぎないように充分に気をつけること

こんな感じに出来上がる

 

もちろんこのまま食べても美味い

そしてここから

豚肉ソテーのレタス炒飯

豚肉をソテーしたフライパンの余分な油を捨てて

玉ねぎのみじん切りを炒めて

創味シャンタンをほんの少し

別のボウルに、ご飯と卵を割り入れ、炒めた玉ねぎときゅうりのキューちゃんのみじん切り

冷蔵庫の余り物のコーンも加えた

そして、豚肉のソテーをカットして加え、全てをさっくりと混ぜた

元のフライパンにボウルの中身を全て空けて、

混ぜすぎないように丁寧に炒めた

全体がふわっとしたら、いつものように、隠し味に砂糖をパラパラパラ

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして

そして最後に刻んだレタス

ペーパーで水を十分に切って加えて、しんなりする程度に加熱した

出来上がり

薬味ネギを少し

ラードチップと炒めたニンニクをトッピング

これ、やばいです

ラードの力!すげえ!

写真では分かりにくいかも?

ソテーした豚肉がゴロゴロゴロ

めっちゃ美味い

やばい

大成功!

 

ベーコンレタス炒飯

レタスの炒飯はこれまでに2度ほど記事にしている

レタス炒飯

タコのレタス炒飯

本日はベーコンでレタス炒飯を作った

ベーコンレタス炒飯

玉ねぎのみじん切りとベーコンの細切りをフライパンでゆっくりと炒め

残り物のカニカマも割いて放り込んだ

創味シャンタンを少し入れて

別のボウルに、炒めた具材とご飯、きゅうりのキューちゃんのみじん切り、卵を割り入れ、全てをさっくり混ぜ

元のフライパンにボウルの中身を全て空けて、

混ぜすぎないように丁寧に炒めた

本日はベーコン以外の油は使わなかった

いつものように、隠し味に砂糖をパラパラパラ

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして

そして最後に刻んだレタス

ペーパーで水を十分に切って加えて、しんなりする程度に加熱

出来上がり

うっひょー

ベーコンの油だけで作ったからか?

味が集中している感じがする

美味い

今日は「レタスの分」と思って最後の醤油を少し多い目にした

醤油の焦げたところがすんげー美味い

一昨日の記事で

女子カーリングの3位決定戦、第10エンド

英国の最後の1投にについての疑問を書いた

それについての専門家の解説も聞いたが・・

本日、ご本人達(選手5人)の解説があった

日本チーム8投を終えた状態

日本:黄色  英国:赤

矢印の石が最後に投げられたものであるが

あと、数センチ中に入れたかったのだが、その前にある黄色の石にちょびっと当たってしまって止まった

スキップの藤澤五月選手によると

「ああ、やっちまった、完全に負けたと思った」のだそうだ

英国の作戦

矢印の黄色い石に強い力で、半分くらいかかるようにぶち当て

黄色を全部押し出して!

このような状態にしたかったらしい

2点を勝ち取っての完全勝利にする

これは一流の選手なら90%決められるショットなのだそう

ところが

英国の石が曲がりきらずに矢印の黄色に「薄め」に当たり

日本の赤の石がナンバーワンになって・・

日本の勝利!で終わった

リザーブ本橋麻里選手によると「投げた瞬間から英国側がざわめいていた」そうで

完全なミスショットだったらしい

番組MCが「(日本の最後の石が)ここで止まったのが返ってよかったんじゃないですか?」

と、フォローしようとすると

投げた藤澤選手が「うーん」と言葉に困ってる中

他の選手たちは・・

「それはないない!」と全否定

メンバーたちはたいへん仲が良く、チームワーク抜群であるが

勝負にはたいへん厳しいんだな

納得!

英国は、最後の1投を、まだ時間が残っているのにさっさと投げた

日本の粘り!が英国を勝ち急がせたのだと思います

銅メダル!おめでとうございます

感動をありがとう!

 

エビチャーハン

パシュート女子=金メダル

ものすごいチームワーク

嬉しい!

カーリング女子

そだねージャパン=準決勝進出

がんばれーー

エビチャーハン

作り方はいつも通りだが・・・

えびは背ワタを取って、ニンニクのみじん切りと炒めた

塩胡椒を少しした

エビを取り出して、そのフライパンで長ネギの芯の部分とタマネギを炒めた

別のボウルに、炒めた具材とご飯、きゅうりのキューちゃんのみじん切り、卵を割り入れ、全てをさっくり混ぜる

フライパンに油を少量を敷き、ボウルの中身を全て空け

混ぜすぎないように丁寧に炒め、創味シャンタンを少し加えた

隠し味は砂糖をパラパラパラ

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして・・

出来上がり

長ネギの白い外側は白髪ねぎにしてみた

エビチャーハンは豪華に見えるが

やっぱ「チャーシューのチャーハン」とか、少し前の「手羽元煮の焼き飯」とかの方が美味いな

エビだけを、もう少し濃いめの味付けをするなり、何かもっと上手いやり方があるのかも?

とか、言いながら・・

ばくばく、すごいスピードで食べてしまった

お腹いーっぱい

御造作!

うちのエビちゃん

かわいいでしょ

 

手羽元煮の焼き飯

焼き飯、記事にするの、久しぶり

手羽元煮

記事にしていないけど

こういうのが冷蔵庫に残っていたから・・

細かく刻んで

いつもの作り方で

手羽元を細かく刻んで、玉葱のみじん切りと

きゅうりのキューちゃんも細かく刻んで

創味シャンタンを少し加え

フライパンでゆっくりと炒め

炒めたものとご飯と卵をボールなどで混ぜ

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてをさっくり丁寧に炒める

いつも通り、隠し味に砂糖をちょっぴり

そして味付け香り付けに醤油をジュワンと焦がして

出来上がり

パラッパラにできた

チャーシューで作ったチャーハンに迫る勢い!

美味い

お腹いーっぱい

御造作!

 

いかゲソとシーチキンの焼き飯

焼き飯が食べたくなった

焼き飯、久しぶりだな

冷蔵庫にいかゲソが残っていたから、

これを使ってシーフード系?の焼き飯にしよう

いかゲソとシーチキンの焼き飯

作り方

いつもは具材のすべてを先ず炒めるのだが

今回はタマネギのみじん切りのみを炒めた

上手く炒めたら、炒めたタマネギとご飯と卵をボールで混ぜてしまう

シーチキンの油は絞るように良く切って、

いかは水分をペーパーでふき取ってから、細かく切り、

隠し味にきゅうりのキューちゃんを細かく切って加えた

中華調味料をほんの少し加えた

全てを混ぜたものを、フライパンで丁寧に炒めた

パラパラになったら、いつも通り、隠し味に砂糖をほーんの少し加える

そして醤油で焦がすように味付け

フライパンのどこかにスペースを作っておいて、醤油をたらしてじゅわーんてしておいて

そこにご飯をからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

出来上がり

焼き豚とかソーセージとか、豚肉系の焼き飯もすごく美味いけど

シーチキンの焼き飯も大好きだ

いかが加わって、さらに旨味がグーンとアップしたように思う

この取り合わせは想像以上に良い

ペロリ!

御造作!

 

パーティーポークの焼き飯

持って帰ったパーティーのポークで今度は焼き飯を作った

南極料理人かあ?

作り方

パーティーポークは細かく刻んでフライパンで緩やかに加熱し、脂をペーパーで拭き取った

そこに玉葱のみじん切り、冷蔵庫に残っていた(賞味期限の切れた)タコ、長ネギなども細かく切って投入して少し加熱した

タコが塩辛かったので、あえて調味しなかった

炒めたのものと、ご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

隠し味にきゅうりのキューちゃんのみじん切りも加えた

今回は充分な脂があったので、フライパンには油をひかず、ボールのすべてをゆっくりと丁寧に炒めた

かき混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

味をみて、創味シャンタンを少し加えた

いつも通り、隠し味に砂糖をちょっぴり

そして最後に、フライパンのスペースを作って醤油をじゅわーんと焦がすように味付け

出来上がり

IMG_1816

パラッパラにできた

ラードの底力を感じる

パーティーポークの香辛料がうんまーーい

 

チャーシュー炒飯

美味いチャーシューが手に入った

が、私にはちょっぴり塩辛い

これで、焼き飯を作ったらきっと美味いだろうな・・・

で!

実行

作り方はいつも通り

チャーシューを細かく刻んで、玉葱のみじん切りと長ネギを細かく切ったものを炒めた

ほーんの少し、塩を加えた

いつもの創味シャンタンは加えなかった

炒めたものとご飯と卵をボールなどで混ぜる

きゅうりのキューちゃんも細かく刻んで加えた

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてをさっくり丁寧に炒める

味をみて、ほんの少し創味シャンタンを加えた

いつも通り、隠し味に砂糖をちょっぴり

そして香り付けに醤油を少し(ジュワンと焦がす)

出来上がり

img_1374

チャーシューの香辛料?かな?

香りがめっちゃ美味い

すごい勢いで食べてしまった

本日使ったチャーシューは柔らかい「煮た」タイプ

中国語の「叉焼」(チャーシュー)を日本では「焼豚」と言い、本来は同じものを指したらしい

が、日本では、煮て作るほうが保存がきき、柔らかくて口当たりも良いため

煮て味付けした「煮豚」のことを焼豚と称することが多くなったという

ラーメンに乗っているのは明らかに煮て作られているよな

うーーん、よく分らないが、厳密な区別はない、ということかな?

本場の中国では、煮たものは『日式叉焼』(日本式チャーシュー)と呼んでいるという

日式叉焼の炒飯、美味いよお

 

野菜だしで焼き飯

先日、しゃべくり007にバイオリニストの葉加瀬太郎氏がゲスト出演していた

本人曰く、料理は「音楽より少し上手い」とのこと

「奥様と比べて?」の問いには迷わず「レベルが違う」とオカダカズチカ風?

「オレのチャーハンはうまい」と、葉加瀬氏はスタジオでチャーハンを作った

葉加瀬氏の方法

チャーシューでも、ハムでもよいので刻む、長ネギはみじん切り

フライパンを熱くして、サラダ油とラードを半々に入れ、油を熱したら、溶いた卵を入れる

すぐにご飯を入れる

卵に油を吸わせたものとご飯を混ぜる

煽らずに、混ぜながら返す

茅乃舎の野菜だしを粉末のまま入れる

チャーシュー、長ネギを加える

長ネギは水分が出るので、できるだけ後ろの方がよい

しょう油を香りづけ程度に加える

お酒を回し入れる

葉加瀬氏によると「日焼けした肌にアロエを塗るように」お酒を加えるのだそう

コショウで調味

f:id:ipo_beginner:20161017224419p:plain

TVでは編集かも知れないけど、手際も素晴らしく、美味しそうでした

茅乃舎の野菜だし

IMG_6283

原材料:野菜チップ(玉ねぎ、にんにく、人参)、食 塩、酵母エキス、でん粉分解物、野菜エキスパウダー(セロリ、キャベツ)

この「野菜だし」で「オムライス」は作ったことがあるが、チャーハン(焼き飯)はいつも創味シャンタンだった

やってみよう

でも、作り方はいつものやり方(というか、最近はもっと簡便な方法にしている)

作り方

いつもは具材のすべてを先ず炒めるのだが

最近はそれもすっ飛ばすことが多い

タマネギのみじん切り、油を切ったシーチキン、ご飯、卵をボールなどで混ぜてしまう

隠し味にきゅうりのキューちゃんを細かく切って加え、「茅乃舎の野菜だし」で調味

フライパンで丁寧に炒め、いつも通り隠し味に砂糖をほーんの少しパラパラパラ

そして醤油で焦がすように味付け

フライパンのどこかにスペースを作って醤油をたらしてじゅわーんてしておいて

そこにご飯にからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

出来上がり

img_1186

うん、これも美味い

茅乃舎のだしは値段も張るが、美味いんだよなあ

バクバクいってしまう!

いつもの創味シャンタンで味付けするのと比べると、あっさり、上品な感じかなあ

今日はシーチキンで肉系の味がなかったから・・また機会を見つけて焼き豚とかで試してみなくては!

ごちそうさまでした