「胸肉」タグアーカイブ

鶏胸肉のオイスターソース炒め

すごく簡単な美味しい料理

安いしね

昨日の記事と同じやり方で作る

鶏胸肉

鶏胸肉は安価で栄養のある素晴らしい食品のひとつであるが、

加熱し過ぎると、固くなったりパサパサしたり

昨日の記事で書いたように

多くのサイトなどで

繊維に垂直に包丁を入れる=繊維を断ち切るように切る

と、書かれているが・・・

私はその意見には賛成し難い

胸肉のパサパサした感じが強調されて

口当たりが良くないと感じる

鶏胸肉のオイスターソース炒め

胸肉は繊維に沿って一口大にスライスする

少しだけ塩コショウをして酒(紹興酒もよい)と片栗粉を振って混ぜ

水で固さを調整する(とろっとしているくらいに)

フライパンに油をひき、ゆっくりと弱火で加熱

途中で1度ひっくり返して、だいたい火が通ったら

オイスターソースで調味

加熱しすぎないように注意すること

出来上がり

柔らかくてすごく美味い

胸肉ってこんなに美味かったんだな、

と、感じると思う

やってみて!

 

炒め鶏胸肉のサンドイッチ

たまにはサンドイッチの記事もいいだろう

そういえば、現在のガックラのスタイルになった当初

2015年3月ごろ?

サンドイッチの記事とギターアンプの修理の記事が

交互に並んでいて・・?はてはて?なのだが・・

現在ではWonder Rainbow Factoryで一緒に演奏するようになった、A-yo氏から

「むちゃくちゃ面白い!」と、絶賛?されたことを思い出す

まさか?A-yo氏と組む?ことになるとは、あの時は夢にも想像できなかったが

何かの前触れか?シンクロニシティだったのかも知れない

(大げさだ!)

鶏胸肉の切り方

胸肉の繊維

胸肉は3つのパーツでできている

パーツごとに繊維の方向が違う

多くのサイトなどで

繊維に垂直に包丁を入れる=繊維を断ち切るように切る

と、書かれているが・・・

私はその意見には疑問を持っている

確かに筋肉繊維を細かく断ち切ることによって、

柔らかくなるというか・・・

ほろほろと崩れる感じにはなるが

胸肉のパサパサした感じが強調されて

口当たりが良くない

今日のやり方

胸肉は繊維の方向を見極めて、3つのパーツに分け

繊維に沿って薄くスライスする

塩コショウをして酒(紹興酒もよい)と片栗粉を振って混ぜ

水で固さを調整する(水が大事)

フライパンに油をひき、ゆっくりと弱火で加熱

途中で1度ひっくり返して、だいたい火が通ったら

加熱を止めて、放置する

味が足りなかったら、醤油やみりん、中華調味料などで調整すれば良い

この方法だと胸肉がパサっとならず、ジューシーに美味しく仕上がる

炒め鶏胸肉のサンドイッチ

トーストしたパン

一番好きな10枚切り

こっち側にマヨネーズ

あっち側にスライスチーズ

サンドイッチ革命以降、このスタイルになった

キャベツたっぷり

炒めた胸肉のスライス

ケチャ

トマト

出来上がり

野菜たっぷり

がぶりとかぶりつくと、

胸肉ちゅるん

ボリュームがあって、かつ

あっさり、すっきり

アイスティーをごくごく

うんまーーい

 

鶏胸肉の中華風炒め

鶏胸肉は安価で栄養のある素晴らしい食品のひとつであるが、調理の方法が難しい

加熱し過ぎると、固くなったりパサパサしたり

これまで、あるTV番組で紹介されたカットの方法をひとつの解決策として採用してきた

その方法

鶏の胸肉を筋肉の繊維の方向にで3つのパーツに分ける

各パーツの筋肉繊維を直角にスライスすることで柔らかくジューシーにできる

もっと良い方法

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」で前任の中華担当講師、宮崎耕一氏が紹介した技法である

鶏胸肉は繊維に沿ってそぎ切りにする(つまり先程の方法とは真っ向逆とも考えられる切り方)

下味に少量の塩、こしょうをし、紹興酒を加えてからめ、片栗粉を振って適量の水を加えて混ぜ合わせる

どうやら片栗粉と水がポイントであろうと思われる

今日の作り方

フライパンに油をひき、ニンニクのスライスを炒めてニンニクチップを作った

炒めたニンニクを取り出した油で、上の方法で用意した鶏肉を中火で両面焼いた

味付けは、酒、みりん、醤油、おろし生姜、創味シャンタン、ちょっぴり砂糖

出来上がり

IMG_0506

ネギの小口切りをちらし、ニンニクチップをアクセントに頂く

宮崎先生のこの技法はすばらしい

鶏胸肉がたいへん柔らかく、とろみがなんとも美味い

ご飯わっさわさいけます

ビールやお酒にもいいと思う

くれぐれも加熱し過ぎないこと

味付けの方法を変えれば、洋風にも和風にもいけそうだ

カレーケチャとかでも美味そうだなあ

ふふふふ